モデリングメニュー

(2022/08/25 更新)

モデリングメニューについて説明します。

項目 詳細
デフォーマ ワープデフォーマを 作成:
ワープデフォーマを作成します。
詳しい操作方法は『ワープデフォーマ』のページをご覧ください。

回転デフォーマを作成:
回転デフォーマを作成します。
詳しい操作方法は『回転デフォーマ』のページをご覧ください。

親のデフォーマを選択:
選択した要素の親デフォーマを選択します。
ショートカットキー [Ctrl]+[D]

デフォーマを中身ごと削除:
選択したデフォーマを子要素も含めて削除します。
ショートカットキー [Ctrl]+[Delete]

デフォーマを削除し、パラメータを子要素に反映:
選択しているデフォーマを削除します。
削除したデフォーマのパラメータは子要素に反映されます。

デフォーマの検証:
子のデフォーマやアートメッシュの頂点が、親のワープデフォーマからのはみ出していないか自動検証します。
詳しい操作方法は『デフォーマの検証機能』のページをご覧ください。

テクスチャ メッシュ編集:
選択しているオブジェクトのメッシュ編集モードに切り替えます。
ショートカットキー [Ctrl]+[E]

メッシュの自動生成:
選択しているオブジェクトのアートメッシュを自動生成します。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[A]

テクスチャアトラス編集:
テクスチャアトラス編集モードに切り替えます。
初めて選択した場合、テクスチャアトラスが作成されます。
ショートカットキー [Ctrl]+[T]

原画とテクスチャアトラスを切り替え:
原画表示とテクスチャアトラス表示を切り替えます。
ショートカットキー [T]

テクスチャアトラスから 原画に反映(beta):
テクスチャアトラス編集から テクスチャをPNGファイルで差し替えることができます。
詳しい操作方法は『PNGファイルの書き出し差し替え(beta)』のページをご覧ください。

パラメータ 四隅の形状を自動生成:
「角度X」と「角度Y」などのパラメータを連結した際の四隅の形状を自動生成します。
ショートカットキー [Ctrl]+[4]
詳しい操作方法は『四隅の形状を自動生成』のページをご覧ください。

動きの反転:
キーフォームを自動で反転してパラメータに反映する機能です。
詳しい操作方法は『動きの反転』のページをご覧ください。

マルチキー編集:
マルチキー編集ダイアログを表示します。
詳しい操作方法は『マルチキー編集』のページをご覧ください。

一括反転:
パラメータのキー値を一括で反転させることができます。
詳しい操作方法は『パラメータの調整』のページをご覧ください。

拡張補間:
キーフォーム間を線形補間から曲線補間に変更できます。
詳しい操作方法は『拡張補間について』のページをご覧ください。

選択オブジェクトのパラメータ構成を揃える:
選択しているオブジェクトのパラメータ構成を揃えます。
詳しい操作方法は『パラメータの調整』のページをご覧ください。

デフォルト設定値に戻す:
すべてのパラメータをデフォルトの値に戻します。
ショートカットキー [Ctrl]+[1]

パラメータ設定:
パラメータ設定を表示します。

デフォルトのフォームをロック:
パラメータでデフォルト値に設定されているキーフォームをロックします。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[1]

まばたき・リップシンク設定:
表示されているモデルのまばたき・リップシンク設定を表示します。
詳しい操作方法は『BGMや音声を使用したシーンの作成』のページをご覧ください。

ブレンドシェイプの重みの制限設定:
ブレンドシェイプの重みを設定するためのダイアログを開きます。

同じモデルのパラメータ値をタブ間で同期:
チェックを入れることでタブ間のパラメータ値を同期します。

 

項目 詳細
アートメッシュ 当たり判定用アートメッシュを生成:
当たり判定用アートメッシュを生成します。
アートパス

<アートパスの自動生成>

単一のアートメッシュから自動生成:
選択された単一のアートメッシュの外周に、アートパスを自動生成する機能です。

複数のアートメッシュから自動生成:
 
選択された複数のアートメッシュの外周に、アートパスを自動生成する機能です。

<アートメッシュの要素を反映>

色を反映:
線画のアートメッシュの「色」をアートパスに反映します。

不透明度を反映:
線画のアートメッシュの「不透明度」をアートパスに反映します。

線幅を反映:
線画のアートメッシュの「線幅」をアートパスに反映します。

すべてを反映:
線画のアートメッシュの「色」「不透明度」「線幅」をアートパスに一括で反映します。

線画のアートメッシュに沿わせる:
コントロールポイントが線画のアートメッシュに沿うように自動で再配置されます。

塗りのアートメッシュに沿わせる:
コントロールポイントが塗りのアートメッシュに沿うように自動で再配置されます。

アートメッシュに沿わせるようにコントロールポイントを追加:
コントロールポイントが不足している部分に、自動でコントロールポイントが追加されます。

すべてのコントロールポイントの中間に点を追加:
アートパスのすべてのコントロールポイントの中間に点を追加する機能です。

選択コントロールポイントの中間に点を追加:
アートパスの選択コントロールポイントの中間に点を追加する機能です。

アートパスの自動生成ダイアログを開く:
アートパスの自動生成ダイアログが表示できます。

アートパスから変形パスを生成:
アートパスのコントロールポイントの位置を基準に変形パスのコントロールポイントを自動で生成することが出来る機能です。

アートメッシュの変形をアートパスにベイク:
アートメッシュにつけた変形にアートパスが沿うように形を焼き込むことが出来る機能です。

アートパスを接続:
2本のアートパスの端のコントロールポイント同士を接続し、一本のアートメッシュにする機能です。

アートパスを切断:
1本のアートパス上の切り離したい位置のコントロールポイントを選択し、切断する機能です。

<追従設定>

すべて追従:
アートメッシュにつけた変形にアートパスがリアルタイムで追従する機能です。

すべて解除:
設定した追従をすべて解除します。

選択コントロールポイントを追従:
アートメッシュにつけた変形にアートパスの選択コントロールポイントがリアルタイムで追従する機能です。

選択コントロールポイントを解除:
アートパスの選択コントロールポイントに設定した追従を解除します。

アートパスのブラシの設定ダイアログを開く:
アートパスのブラシの設定ダイアログを開きます。

各種機能について詳しく知りたい場合は『アートパスの自動生成』『アートパスの調整』のページをご覧ください。

グルー グルーのオン/オフ切り替え:
グルーのオン/オフを切り替えます。
詳しい操作方法は『グルー』のページをご覧ください。
スキニング スキニング:
回転デフォーマからのスキニングを行います。

変形パスからのスキニング:
変形パスからのスキニングを行います。

回転デフォーマ用のパラメータを生成:
回転デフォーマ用のパラメータを生成します。

詳しい操作方法は『スキニング』のページをご覧ください。

フォームの編集 反転:
選択している要素を水平もしくは垂直に反転します。
パラメータが含まれる場合はパラメータも反転されます。

倍率を指定して拡大縮小:
倍率を指定して拡大縮小を行います。

元の形状に戻す:
アートメッシュの形状を元に戻します。
詳しい操作方法は『編集の方法』のページをご覧ください。

ワープデフォーマをベジェハンドルに沿って整形:
選択しているワープデフォーマの分割点を、ベジェハンドルの位置を基準にスムーズになるように調整します。
変形するうちに分割点が崩れてしまった場合などの修正にも便利です。
詳しい操作方法は『編集の方法』のページをご覧ください。

フォームコピー:
オブジェクトの形状をコピーします。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[C]

フォームを貼り付け:
オブジェクトの形状を貼り付けます。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[V]

フォームをブレンド:
オブジェクトの形状をブレンドします。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[B]

フォームの特殊な貼り付けオプション:
フォームの特殊な貼り付けオプションのダイアログを開きます。

詳しい操作方法は『フォームのコピー・ブレンド』のページをご覧ください。

一時変形ツール 拡大・縮小:
一時変形ツールに切り替え、 選択しているオブジェクトの拡大・縮小を 行います。

回転:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトの回転を行います。

自由変形:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトの自由変形を行います。

遠近変形:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトの遠近変形を行います。

ゆがみ変形:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトのゆがみ変形を行います。

一時ワープ変形:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトの一時ワープ変形を行います。

列を増やす:
一時ワープ変形の列を増やします。

列を減らす:
一時ワープ変形の列を減らします。

行を増やす:
一時ワープ変形の行を増やします。

行を減らす:
一時ワープ変形の行を減らします。

一時パス変形:
一時変形ツールに切り替え、選択しているオブジェクトのパス変形を行います。

一時変形ツールを解除:
一時変形ツールを解除します。

詳しい操作方法は『一時変形ツール』のページをご覧ください。

項目 詳細
ロック 選択オブジェクトをロック/解除:
選択しているオブジェクトをロック/解除します。
ショートカットキー [Ctrl]+[2]

未選択オブジェクトをロック:
選択していないオブジェクトをロックします。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[2]

すべてのロックを解除:
オブジェクトのロックを解除します。
ショートカットキー [Ctrl]+[Alt]+[2]

※パーツは適用外です

表示/非表示 選択オブジェクトを表示/非表示:
選択しているオブジェクトを表示/非表示にします。
ショートカットキー [Ctrl]+[3]

未選択オブジェクトを隠す:
選択していないオブジェクトを非表示にします。
ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[3]

すべてを表示:
すべてのオブジェクトを表示します。
ショートカットキー [Ctrl]+[Alt]+[3]

直前の表示状態を復元:
直前の表示/非表示状態を復元します。

編集レベル 編集レベル1(詳細):
編集レベルを1にします。
ショートカットキー [1]

編集レベル2(通常):
編集レベルを2にします。
ショートカットキー [2]

編集レベル3(大枠):
編集レベルを3にします。
ショートカットキー [3]

モデルのIDを変換 パーツ・パラメータのIDを、旧バージョン(Cubism Editor 2)で開けるように変換します。
詳しくは『IDの変換』のページをご覧ください。
モデルのオブジェクトの一括設定

エクスポート:
オブジェクトの名前・ID等の情報をCSVファイルとしてエクスポートできます。

インポート:
オブジェクトの名前・ID等の情報をCSVファイルとしてインポートできます。

詳しい操作方法は『CSVエクスポート・インポート』のページをご覧ください。

モデルのパラメータの一括設定

エクスポート:
パラメータ設定をCSVファイルとしてエクスポートできます。

インポート:
パラメータ設定をCSVファイルとしてインポートできます。

詳しい操作方法は『CSVエクスポート・インポート』のページをご覧ください。

物理演算・シーンブレンド設定を開く 物理演算・シーンブレンド設定を開きます。
物理演算・シーンブレンド設定の詳しい操作方法は、
物理演算設定エディタについて』『物理演算の設定方法』の各ページをご覧ください。

© 2010 - 2022 Live2D Inc.