フリーズ機能

(2022/05/19 更新)

タイムラインパレット上で特定のプロパティを止めてモーションや位置などを確認するための機能です。

 

フリーズを設定する

1. 動きを止めたいキーフレームの位置にインジケーターを合わせます。
2. プロパティの小さいフリーズボタンをクリックし、フリーズしたいプロパティを決めます。
(ボタン上をドラッグすることで複数選択できます。また、パラメータグループのフリーズをクリックすると中にあるプロパティが全て固定されます)

3. タイムラインパレット左上部の大きいフリーズボタンを押すと、フリーズが有効になります。

フリーズしているプロパティはグレーで表示され、指定したキーフレームに印が表示されます。

 

その他の仕様

フリーズ可能なプロパティ

フリーズは、以下のプロパティに設定することができます。
 ・「Live2Dパラメータ」内のプロパティ(パラメータグループフォルダも含む)
 ・「配置&不透明度」内のプロパティ(コマ打ちを除く)

 

フリーズ中の編集ロック

フリーズ中のプロパティは編集操作がロックされ、値の変更やキーフレームの 移動・ 挿入 ・削除 ができなくなります。

 

オプションメニュー

フリーズ開始ボタン右部の▼ボタンから、以下の通り一括でフリーズの設定/解除を行うことができます。
 ・すべてをフリーズ
 ・選択したプロパティをフリーズ
 ・選択していないプロパティをフリーズ
 ・すべてのフリーズを解除

 

ショートカットキー

大きいフリーズボタンとオプションメニューには、 ショートカットキーを割り当てることができます。

 

動画書き出しオプション

フリーズの効果は書き出した動画や連番画像にも反映されます。
その際は、書き出し設定ダイアログに赤文字でパラメータフリーズが有効である旨が表示されます。

© 2010 - 2022 Live2D Inc.