ストロークでアートパスを作成/編集

(2021/06/10 更新)

ストロークに合わせてアートパスを作成・編集する機能です。

 

ストロークでアートパスを作成/編集

アートパスツールのアイコンをクリックし、ツール詳細パレットから
[ストロークでアートパスを作成](①)、[ストロークでアートパスを編集](②)を選択して実行できます。


※ストロー��でアートパスを作成/編集は、ショートカットの設定ができます。

 

ストロークでアートパスを作成

作成をする場合は、赤枠の[ストロークでアートパスを作成]アイコンを選択します。



ビュー上でドラッグすることでアートパスが作成されます。

ストロークでアートパスを編集

編集をする場合は、赤枠の[ストロークでアートパスを編集]アイコンを選択します。


変形させたいアートパスの頂点を選択して描くように編集します。

注意事項
アートパスのコントロールポイントに、「緑色の矢印」が表示されるようになりました。
これは、アートパスの描いた方向を表しています。

[ストロークでアートパスを編集]では、
アートパスの描き順に依存しており、編集時は「緑色の矢印」の方向に合わせて描いてください。

ツール詳細

間隔

描いたときに作成されるアートパスの頂点の、「間隔」の設定です。
間隔が小さいと頂点が多く、間隔が大きいと頂点が少なめのアートパスが作成されます。


筆圧設定

不透明度とブラシサイズの値は、作成されるアートパスのコントロールポイントの不透明度と線幅に適用される値となります。
筆圧設定のチェックが入っていれば、ペンタブの筆圧によって0.0~1.0倍になります。

© 2010 - 2021 Live2D Inc.