フォームアニメーション(FA)について

(2019/09/04 更新)

このページではフォームアニメーション(FA)機能について説明します。

フォームアニメーションとは

フォームアニメーションは、パラメータを介さずにアニメーション編集のタイムライン上でモデルのフォームを直接編集できる映像制作に便利な機能です。

モデルデータには影響を与えず、オブジェクトを自由に変形できます。
タイムライン上でオブジェクトを直接操作して、フォームアニメーションのキーフレームを打つことができます。
タイムリマップ機能でタイミングを細かく調整することも可能です。

TIPS
フォームアニメーションはターゲット「映像」専用の機能のためSDKには書き出しができません。
組み込み用のデータを作成する際はご注意ください。
(物理演算・シーンブレンド設定で動きを確認する際も、フォーム編集の内容は反映されません)

 

フォームアニメーションビューを開く

can3ファイルを読み込みモデルトラックの[フォーム編集開始]ボタンをクリックします。

フォームアニメーションビューが開きます。

 

 

フォームアニメーションの画面構成

 

番号 名前 詳細
フォームアニメーションビュー フォームアニメーション編集専用のビュー
フォーム編集したいオブジェクトを選択できる
ラベルの表示/非表示 フォーム編集が設定されているオブジェクトをラベルで表示
ラベル(青色) 調整モード2で編集されたオブジェクトのラベルを表示
ラベル(赤色) 調整モード1で編集されたオブジェクトのラベルを表示
ラベル(緑色) 調整モード1と2両方で編集されたオブジェクトのラベルを表示
アニメーションプレビュー アニメーションビューを下絵として表示します

 

番号 名前 詳細
フォーム編集開始ボタン フォームアニメーションビューを開き、フォーム編集を開始する
フォーム編集プロパティグループ フォーム編集用のプロパティグループ
フォーム編集されたオブジェクトが表示される
調整モード切替 調整モード1と調整モード2を切り替える
フォームアニメーションをオン/オフ アニメーションビュー上でフォームアニメーションの適用をオフにする
パーツの表示/非表示 パーツのみ非表示にする
フォーム編集をリセット フォームの形状をリセットしてデフォルト値のキーを打つ
シャイ 様々な条件でシャイを設定できる

 

フォームアニメーション編集データの保存

フォームアニメーションの編集データはcan3に保存されます。
間違ってフォームアニメーションビューを閉じてしまっても、アニメーションビューを開いていればデータは保持されています。
(再度フォーム編集開始ボタンを押せばフォームアニメーションビューが開きキーが表示されます)

ただし、パーツの表示状態やロック状態の変更はモデルデータに影響するため、
フォームアニメーションビューでのそれらの変更を維持したい場合はモデルデータも合わせて保存する必要があります。

 

モデルデータを編集する場合の注意点

オブジェクトの構成を変更する

フォームアニメーションを適用したモデルデータの構成を変更すると、フォームに影響を与える場合があります。

 

変更後は自動でリカバリーを行いますが、構造が変わる為、形状が若干異なる可能性がありますので変更箇所を確認してください。
(その際アニメーションの以前の操作のUndoは出来なくなりますのでご注意ください)

  変更前 変更後
メッシュの状態
動き

モデルデータは以下のケースで変更を行った際に自動でリカバリーを行います。
・アートメッシュのメッシュ再編成
・ワープデフォーマの変換の分割数の変更
・アートパスのコントロールポイント など

 

デフォーマを追加する

基本的にフォーム編集後、デフォーマの追加は行わないことをおすすめしますが、
モデルデータの修正が必要な場合は以下の点に注意してください。

親デフォーマ(D1)が設定されたオブジェクト(A)にフォーム編集を行った際、モデルデータを改変してオブジェクト(A)の親デフォーマを(D2)に変更するとフォームに崩れが発生する。
この問題は[調整モード1]のときだけ発生。

この問題を回避するために、直接の親デフォーマが変更された場合に以下の警告を表示し、フォーム編集の情報を破棄します。
(その際アニメーションの以前の操作のUndoは出来なくなりますのでご注意ください)

フォーム編集を適用したオブジェクトの直接の親デフォーマが差し替わっていなければ問題は起きません。

 

フォームに崩れが発生する例:
フォームを編集したアートメッシュにワープデフォーマを追加する場合

 崩れなし  崩れあり
 直接の親にワープデフォーマが設定されていれば、その上の親にワープデフォーマを設定してもフォームは崩れない。  直接の親のワープデフォーマとの間に新しくワープデフォーマを設定し、アートメッシュの親が変更された場合、フォームに崩れが発生する。

TIPS
上記はアートメッシュの直接の親のワープデフォーマを例にしていますが、
デフォーマの直接の親デフォーマに対しても同じです。

 

Copyright © 2019 Live2D Inc.