AE プラグイン モーションの読み込み書き出し

(2019/04/23 更新)

[ model3.json ] ファイルを読み込むことで、Animator上で作成したモーションをAfterEffects上で再現できるようになります。
更に、AfterEffects上で調整したキーフォームやカーブの情報なども[ model3.json ] ファイルとして書き出すことができますので再度Animatorに読み込むことが可能です。

 

モーションファイルの読み込みと書き出し

モーションファイルの読み込み

[ model3.json ] ファイルを読み込むには、エフェクトコントロールパネルにある「import」ボタンをクリックします。
(Motionの左にある三角アイコンをクリックすると現れます)

 

 

[ model3.json ] ファイルを選択し、[ 開く ]をクリックします。

 

AfterEffects上にモーションデータの内容が再現されます。
※なお、現行読み込みに時間がかかる場合がございますので、反映されない場合はしばらくお待ちください。

TIPS
モデルトラックの不透明度を設定している場合、AfterEffects上ではトランスフォームの不透明度に値が反映されます。

 

読込んだモーションはカーブも再現されます。

 

AfterEffects上でカーブを調整することもできます。

TIPS
注意点として、現状AfterEffectsのタイムライン上でパラメータ値の上限下限を制限できません。(フォーム上では制限される)
カーブ編集の際はフォームのパラメータ値の上限下限値を超えないように注意し��しょう。
※上限下限値を超えた状態でエクスポートを行うと警告が表示されます。

 

 

モーションファイルの書き出し

[ model3.json ] ファイルを書き出すには、エフェクトコントロールパネルにある「Export」ボタンをクリックします。
(Motionの左にある三角アイコンをクリックすると現れます)
※なお、書き出しに時間がかかる場合がございますので、反映されない場合はしばらくお待ちください

 

名前を付け[ 保存 ]をクリックします。

 

保存したmotion3.jsonはCubismAnimatorの以下の場所から読み込むことができます。
モデルトラックの紫色部分で右クリック ⇒ モーションの読み込み

 

 

Animatorからモーションデータを書き出す際の注意点

CubismAnimatorでは下図のようなインバースステップのカーブが使用できますが、AfterEffect上では再現できません。

インバースステップ:
選択したキーを次のキーに合わせた水平の直線で補完する。

 

そのため、AfterEffectsへインバースステップが設定されているモーションファイルをインポートした際は、警告が表示されます。
そのまま[OK]をクリックすることで、最小フレームでリニア(直線)に変換します。

 

最小フレームでリニアに置き換えられるので、大きくモーションが変化することはないですが、動きを確認してみましょう。

 

Copyright © 2019 Live2D Inc.