トラックの軌道

最終更新: 2022年8月25日

アニメーショントラックのモデルや画像などは、プロパティグループの配置&不透明度で座標を移動させることができます。

[トラックの軌道]は、アニメーションビュー上の座標の軌道を表示/非表示にします。
また、[トラックの軌道設定]で、範囲や表示色を設定することができます。

トラックの軌道の有効化

[表示]メニュー →[トラックの軌道]→[アニメーションビュー]を選択すると表示/非表示を切り替えることができます。

また、アニメーションビュー下部のボタンからも[トラックの軌道設定]の表示/非表示を切り替えることができます。

トラックの軌道設定の表示

[表示]メニュー → [トラックの軌道] → [トラックの軌道設定] を選択します。

または、アニメーションビューの下部にある三角ボタンからも[トラックの軌道設定]を選択できます。

範囲と表示色の設定

[トラックの軌道設定]ダイアログを開くと、範囲や表示色の設定をすることができます。

範囲

軌道表示の範囲を設定します。

単位:
現在の時間から前と後ろの表示範囲を「時間」と「フレーム」の2つから設定します。
前表示範囲:
開始から、現在の時間までが前表示範囲となります。
後表示範囲:
終了から、現在の時間までが後表示範囲となります。

「時間」の表示範囲では秒単位で値を指定し、ビューではその範囲のみ表示されます。
「フレーム」の表示範囲ではフレーム数を指定し、ビューではその範囲のみ表示されます。

表示色

トラックの軌道の「線の色」「フレームの色」「キーフレームの色」また、これらに対する「境界線の色」を設定できます。
※「境界線の色」は境界線のチェックボックスにチェックを入れると指定できます。

プリセット:
あらかじめ「デフォルト」「シンプル」「フレーム」の3つのプリセットが用意されています。
※自身で色の設定をした場合は自動で「カスタム」の設定になります。

あらかじめ「デフォルト」「シンプル」「フレーム」の3つのプリセットが用意されています。
※自身で色の設定をした場合は自動で「カスタム」の設定になります。

デフォルト
シンプル
フレーム
この記事に関するご意見・
ご要望をお聞かせください。