ユーザデータとイベント情報の確認

(2022/05/19 更新)

エディタで設定したユーザデータやイベント情報を Viewer上で確認する方法について 解説します。

 

ユーザデータ情報の確認

ユーザデータとは、SDK上で能動的にトリガーを引くもので、モデリング時にアートメッシュへ設定できます。
詳しい設定方法は『ユーザデータとイベント』のページをご覧ください。

アートメッシュにユーザデータを設定している場合は、Viewer上でも内容を確認することができます。
リソースエリアにある「.userdata3.json」(①)をクリックすると、設定項目エリア(②)に内容が表示されます。

右クリックメニューの詳細は以下になります。

項目 説明
フォルダを開く ユーザデータがあるフォルダを開きます。
再読み込み ユーザデータを再読み込みします。
削除 リソースエリアからユーザデータを削除します。

 

イベント情報の確認

イベントとは、SDK上で受動的にトリガーが引かれるもので、アニメーション時にタイムラインに設定できます。
詳しい設定方法は『ユーザデータとイベント』のページをご覧ください。

.motion3.jsonに設定したイベント情報は、設定項目エリア下部に表示されます。
さらに、モデル表示エリアの右下にもタイムラインに設定した時間に合わせてイベント情報が表示されます。

 

© 2010 - 2022 Live2D Inc.