ワークスペース

(2019/09/04 更新)

CubismEditorではモデルやアニメーションを作成する際に、ワークスペースを切り替えながら作業を行っていきます。
デフォルトでは、モデル、アニメーション、フォームアニメーションの作成に特化したそれぞれのワークスペースがあり
パレットを入れ替えることで、自由に作業環境を構築できます。

 

ワークスペースについて

モデルワークスペース

モデリングを行う際に使用するワークスペースです。
オブジェクトを変形し、キーフォームを作成する際に使用します。

 

 

アニメーションワークスペース

アニメーションを作成する際に使用するワークスペースです。
シーンを作成したり、タイムライン上でキーフレームを打ってモーションを作る際に使用します。

 

 

フォームアニメーション(FA)ワークスペース

フォームアニメーションを作成する際に使用するワークスペースです。
フォームアニメーションとは、モデルデータに影響を与えることなくAnimatorのタイムライン上で形状(フォーム)を直接編集できる機能です。

詳細については以下のページをご参照ください。
フォームアニメーションについて

 

 

ワークスペース切り替え

エディタ左上に現在使用しているワークスペースが表示されています。
クリックすることで、ワークスペースが切り替わります。

それぞれのワークスペースには専用のビューを表示したいので、[タブの選択に合わせてワークスペースを自動切替]にチェックを入れます。
(デフォルトでチェックが入っています)

ビューのタブを選択することで、内容に合わせてモデルやアニメーションなどのワークスペースに自動で切り替えを行います。

 

 

Copyright © 2019 Live2D Inc.