シーンブレンド設定

最終更新: 2022年11月29日

シーンブレンドでは、複数のシーンをブレンドして再生することができます。
例えば、「表情」や「体の動き」などを別のシーンに分け、組み合わせて再生することが可能です。

また、cmo3・can3連携設定を使用すると、服替えを行う場合など、複数のモデルでcan3のシーンを使いまわせるかを確認することできます。
他のモデルで作ったシーンを、パラメータのIDが同じである場合に、値を適用して再生することが可能です。

このページでは、[物理演算・シーンブレンド設定]ダイアログ内の[シーンブレンド]の設定項目を解説しています。
シーンブレンドの設定手順・再生方法については『シーンブレンド設定方法』をご覧ください。
シーンブレンドは[モデリング]メニュー→[物理演算・シーンブレンド設定を開く]から、設定を行えます。

※[物理演算・シーンブレンド設定]内には[物理演算]の設定タブもありますので
[シーンブレンド]のタブが選択されていることをご確認ください。

シーンブレンド設定の画面構成

番号項目詳細
メインメニュー[物理演算・シーンブレンド設定]ダイアログのメニュー項目になります。
詳細は『物理演算・シーンブレンド設定』をご覧ください。
再生バー
ビューエリア
シーンブレンドで設定したプレイリストの再生や、シーン遷移時のフェード、FPSの設定が行えます。
詳細は『物理演算・シーンブレンド設定』をご覧ください。
シーン一覧アニメーションワークスペースで作成したシーンと、シーングループで追加したシーングループを一覧で表示します。
プレイリストシーンと、シーングループのプレイリストを作成します。
上から順番に再生されます。
シーングループ複数のシーンをブレンドしながら同時に再生する[シーングループ]の設定を行います。

シーン一覧

番号項目詳細
プレビューしているモデルを含むシーンのみ表示チェックをいれると、ビューエリアに現在表示しているモデルデータを含んでいるシーンのみ表示されます。
追加選択したシーンをプレイリストまたはシーングループに追加します。
プレイリスト、シーングループが未作成の場合は追加できません。
シーン[cmo3・can3連携設定]で読み込まれたcan3内にあるシーンが表示されます。
シーンにタグが設定されている場合、一覧にはタグで名前
が表示されます。
シーングループ[シーングループ]は青字で表示されます。

プレイリスト

番号項目詳細
プレイリスト一覧コンボボックス:
作成したプレイリストが表示されます。

追加:
新規のプレイリストを追加します。

複製:
選択中のプレイリストを複製します。

名前変更:
選択中のプレイリスト名を変更します。

削除:
選択中のプレイリストを削除できます。
プレイリスト編集↑ / ↓:
選択したシーンの並び順を変更します。

削除:
選択したシーンを削除します。
シーン一覧プレイリストに追加されているシーンが一覧で表示されます。

シーングループ

シーンごとに、種別と重みを設定出来ます。
シーングループに登録されているシーンは、上からそれぞれ上書きと加算が設定できます。

シーンA(モデルAのパラメータ)の値 × 重み
シーンB(モデルAのパラメータ)の値 × 重み

番号項目詳細
シーングループ一覧コンボボックス:
作成したシーングループが表示されます。

追加:
新規のシーングループを追加します。

複製:
選択中のシーングループを複製します。

名前変更:
選択中のシーングループの名前を変更します。

削除:
選択したシーングループを削除します。
シーングループ編集↑ / ↓:
選択したシーンの並び順を変更します。

削除:
選択したシーンを削除します。
シーン一覧シーン名:
シーングループに追加されているシーンが一覧で表示されます。

種別:上書き
シーンと重みから計算された結果を現在のモデルのパラメータの値として上書きします。
再生開始時点のモデルのパラメータに対して、シーンと重みから計算された結果を上書きします。

種別:加算
シーンと重みから計算された結果を現在のモデルのパラメータの値とブレンドします。
再生開始時点のモデルのパラメータと、シーンと重みから計算された結果をブレンドします。

重み:
影響度を0~100で設定できます。

設定データの保存場所

カーソル追従の設定はモデルの情報としてcmo3へ保存されます。
プレイリスト・シーングループはcan3へ保存されます。

この記事に関するご意見・
ご要望をお聞かせください。