オニオンスキン

(2019/09/04 更新)

キーフレームやキーフォームの前後の状態が表示され、動きの遷移を確認することができます。
(デフォルトの設定では半透明で表示されています)
更にモデリングビューではパラメータの軌道を線で表示し可視化することができるため、拡張補間などの調整が容易になります。

※Cubism4.0ではオニオンスキン機能はbeta版になっております。
(beta版での制限事項は最下部記載)

 

オニオンスキンの表示

オニオンスキンはデフォルトでは非表示になっているため、設定ダイアログから設定を行います。
[表示]メニュー → [オニオンスキン] → [オニオンスキン設定]をクリックします。

オニオンスキンには前後のキーフレームやキーフォームでの動きを表示したり、モデリングビュー上でアートメッシュやデフォーマの頂点の軌道を表示する機能があります。
それぞれのビューで表示できる内容は少々異なりますので、以下の内容を確認してみましょう。

No. 項目 説明
ビューの表示 / 非表示  チェックを入れることで、それぞれのビューでオニオンスキンを表示します。
モデリングビュー表示:
軌道の表示
 チェックを入れることで、アートメッシュの頂点などの軌道を表示します。
モデリングビュー 表示:
キー間のオニオンスキン数
 キーフォーム間のオニオンスキンの表示数を設定します。
アニメーションビュー 表示:
前フレームの数と色設定
 アニメーションビュー上での前フレームの表示数と色や不透明度を設定します。
アニメーションビュー 表示:
後フレームの数と色設定
 アニメーションビュー上での後フレームの表示数と色や不透明度を設定します。
フォームアニメーションビュー 表示:
前フレームの数と色設定
 フォームアニメーションビュー上での前フレームの表示数と色や不透明度を設定します。
フォームアニメーションビュー 表示:
後フレームの数と色設定
 フォームアニメーションビュー上での後フレームの表示数と色や不透明度を設定します。

 

モデリングビュー表示

モデリングビューでは、以下の2点を表示することができます。

オニオンスキンの表示

選択したオブジェクトのキーフォームの前後の状態が半透明で表示されます。
キー間のオニオンスキン数は変更することができるので、状況に応じて変更しましょう。

デフォーマを選択した場合は、子に設定されているアートメッシュが半透明で表示されます。

軌道の表示

オニオンスキンを表示したいオブジェクトを選択した後に、更に軌道を確認したいアートメッシュやデフォーマの頂点を選択します。
(矩形でまとめて選択することもできます)

頂点の軌道がリアルタイムに表示されますので、形状の調整が容易になります。
更に「solo」機能を使うことで軌道がより確認しやすくなります。

 

 

アニメーションビュー表示

前後に表示させたいオニオンスキンの数は、フレーム数を設定することで任意に調整することができます。
また、色や不透明度も前後でそれぞれ設定することができ、設定ダイアログからリアルタイムに調整内容が反映されます。

 

 

フォームアニメーションビュー表示

前後に表示させたいオニオンスキンの数は、フレーム数を設定することで任意に調整することができます。
また、色や不透明度も前後でそれぞれ設定することができ、設定ダイアログからリアルタイムに調整内容が反映されます。

 

 

beta版での制限について

Cubism4.0のオニオンスキン機能はbeta版のため、以下の制限があります。

  • 連結されたパラメータでオニオンスキンを表示すると、上に配置されているパラメータのみ表示されます。
  • 拡張補間の軌道をオニオンスキンで確認したい場合は、[拡張キー]と[キー間のオニオンスキン数]を一致させる必要があります。
  • 回転デフォーマで回転している子要素の軌道は一致しませんのでご注意ください。

 

Copyright © 2019 Live2D Inc.