アートパスの調整

(2019/12/12 更新)

 

基本のアートパス調整

[ツール詳細]パレット及び[インスペクタ]パレットから行うアートパス、コントロールポイントへの調整方法です。

アートパスの[ツール詳細]パレットの詳しい使い方は「ツール詳細パレット」をご覧ください。
アートパスの[インスペクタ]パ���ットの詳しい使い方は「インスペクタパレット」をご覧ください。

 

コントロールポイントの追加

新規アートパス作成するとき、アートパスにコントロールポイントを増やすときに使用します。
[ツール詳細]パレット内の[コントロールポイントの追加]アイコンを選択し、追加したい部分でクリックします。

コントロールポイントの削除

アートパスのコントロールポイントを削除したいときに使用します。
[ツール詳細]パレット内の[コントロールポイントの削除]アイコンを選択し、削除したいコントロールポイントをクリックします。

コントロールポイントの折れ線

アートパスのコントロールポイントを折れ線にしたいときに使用します。
[ツール詳細]パレット内の[コントロールポイントの折れ線]アイコンを選択し、折れ線にしたいコントロールポイントをクリックします。

もしくは、コントロールポイント選択中に[インスペクタ]パレット内下部「コントロールポイントの設定」の折れ線チェックボックスに✔をいれます。

 

アートパスを接続

2本のアートパスの端のコントロールポイント同士を接続し、一本のアートパスにする機能です。
接続したいコントロールポイントを2点選択した後で、[アートパスを接続]で接続できます。

※接続することで、形状に応じて線の形が変化する場合があります。手動でコントロールポイントを調整し任意の形状に整えて下さい。

アートパスを切断

選択されたコントロールポイントで、[アートパスを切断]で切断できます。

※切断することで、形状に応じて線の形が変化する場合があります。手動でコントロールポイントを調整し任意の形状に整えて下さい。

コントロールポイントに設定されている不透明度を調整する

アートパスのコントロールポイントの不透明度を変更したいときに使用します。
[ツール詳細]パレット内の[コントロールポイントに設定されている不透明度を調整する]アイコンを選択し、不透明度を変更したいコントロールポイントをドラッグします。

ドラッグ:不透明度を上げる  
Alt+ドラッグ:不透明度を下げる
B+ドラッグ:ブラシサイズ変更

もしくは、コントロールポイント選択中に[インスペクタ]パレット下部「コントロールポイントの設定」の不透明度の%数値から変更できます。

 

コントロールポイントに設定されている太さを調整する

アートパスのコントロールポイントの太さを変更したいときに使用します。
[ツール詳細]パレット内の[コントロールポイントに設定されている太さを調整する]アイコンを選択し、太さを調整したいコントロールポイントをドラッグします。

ドラッグ:線幅を太く
Alt+ドラッグ:線幅を細く
B+ドラッグ:ブラシサイズ変更

もしくは、コントロールポイント選択中に[インスペクタ]パレット下部「コントロールポイントの設定」の線幅のpixel数値から変更できます。

アートパス線に対してまとめて線幅や色を設定したい場合は、
[矢印選択ツール]で調整したいアートパスのコントロールポイントを全選択した後で、
[インスペクタ]パレット内下部「コントロールポイントの設定」から各種設定をして下さい。

 

分割数

[インスペクタ]パレット内下部「コントロールポイントの設定」の「分割数」は数値を大きくするほどアートパス線が滑らかな曲線を描きます。
初期値は20です。

※分割数を高くするほどエディター全体のパフォーマンスに影響します。

端点をつなぐ

[インスペクタ]パレット内下部「コントロールポイントの設定」の「端点をつなぐ」は✔をいれると、
コントロールポイントが三点以上ある時に自動でアートパス線の端がつながった見た目に補間する機能です。
(コントロールポイントが二点以下の場合は✔をいれても見た目の変化はありません。)

※端点をつなぐと形状に応じて線の形が変化する場合があるので、手動でコントロールポイントを調整し任意の形状に整えて下さい。

 

 

線の生成方法 LCNS/SNS

アートパスのコントロールポイント間の線の補間計算を選べます。
それぞれの特徴のまとめは「アートパス:アートパスの性質と種類」をご覧ください

 

アートパスのパラメータ制御

アートパスは通常のオブジェクトのようにパラメータを設定することも出来ます。
設定できる要素は、コントロールポイントの「位置」「線幅」「線色」「不透明度」です。

 

[アートパス]メニューからのみ行えるアートパス調整

[アートパス]メニューからアートパスに対して出来ることを順に紹介します。

すべてのコントロールポイントの中間に点を追加

アートパスのすべてのコントロールポイントの中間に点を追加する機能です。
[モデリング]→[アートパス]→[すべてのコントロールポイントの中間に点を追加]で追加できます。

選択コントロールポイントの中間に点を追加

アートパスの選択コントロールポイントの中間に点を追加する機能です。
[モデリング]→[アートパス]→[選択コントロールポイントの中間に点を追加]で追加できます。

アートパスから変形パスを生成

アートパスのコントロールポイントの位置に変形パスのコントロールポイントを自動で生成することが出来る機能です。
アートパスとアートメッシュを選択し[モデリング]メニュー →[アートパス]→[アートパスから変形パス生成]でアートメッシュ側に変形パスが生成されます。
生成された変形パスでアートパスを調整するときは、アートパスとアートメッシュ両方を選択した状態で動かして下さい。

基本は通常の変形パスと同じですので、詳しくは「変形パス」をご覧ください。

※編集レベル2と3それぞれに、変形パスが生成されます。
 編集レベル2はアートパスのコントロールポイント数と同数の変形パスのコントロールポイントが生成されます。
 編集レベル3はアートパスのコントロールポイント数の半分の変形パスのコントロールポイントが生成されます。

 

 

アートメッシュの変形をアートパスへベイク

アートメッシュにつけた変形にアートパスが沿うように形を焼き込むことが出来る機能です。
アートメッシュとアートパスを選択し[モデリング]メニュー →[アートパス]→[アートメッシュの変形をアートパスにベイク]でアートパスにアートメッシュと同じキーフォームが生成されます。

※アートメッシュとアートパスのその場の位置関係を基準に変形が反映されます。

 

 

追従設定

すべて追従/すべて解除
選択コントロールポイントを追従/選択コントロールポイントを解除

アートメッシュにつけた変形にアートパスがリアルタイムで追従する機能です。
アートメッシュとアートパスを選択し[モデリング]メニュー→[アートパス]→[すべて追従]で設定できます。

解除するときは追従中のアートパスを選択し[モデリング]メニュー→[アートパス]→[すべて解除]を行って下さい。

この機能は、選択中のコントロールポイントに対して設定することもできます。
その場合[モデリング]メニュー→[アートパス]→[選択コントロールポイントを追従/選択コントロールポイントを解除]で設定してください。

※追従中はアートパス線単体の変形はできません。(色や不透明度は追従中も編集可能です)

Copyright © 2019 Live2D Inc.