パラメータパレット

(2022/05/19 更新)

パラメータパレットは、オブジェクトの変形度合いを数値に結び付けた「パラメータ」を管理するパレットです。
このページではパレット上のアイコンや基本操作について解説しています。
機能の詳細についてはパラメータカテゴリ内の各ページをご覧ください。

 

パラメータパレットについて

文字 項目
a キー編集に使用するボタン
b その他のボタン
c パラメータバー
d パラメータスライダをクリックした際に表示されるポップアップ
e パラメータやフォルダの新規作成・削除に使用するアイコン
パラメータフォルダの全展開・集約
g パラメータグループ
※フォルダの中にパラメータを入れることでパラメータをグループにします。

 

a.キー編集に使用するボタン

番号 項目 詳細
 キーの2点追加 任意のオブジェクトとパラメータが選択されている状態でクリックすると、 パラメータの最小値と最大値に自動的にキーを挿入します。
 キーの3点追加 任意のオブジェクトとパラメータが選択されている状態でクリックすると、パラメータの最小値と中間の値、最大値に自動的にキーを挿入します。
 すべてのキーを削除 キーが設定されているオブジェクトとパラメータを選択した状態でクリックすると、すべてのキーを削除します。
 キーの手動編集 任意のオブジェクトとパラメータが選択された状態でクリックすると[キーフォーム編集]ダイアログが開き、好きな値にキーを作成することができます。
オブジェクトを選択した状態でパラメータ名の部分をダブルクリックしても同様に操作できます。

 

b.その他のボタン

番号 項目 詳細
絞り込み

現在選択中のオブジェクトのキーが設定されているパラメータだけを絞り込んで表示します。
詳細はこのページ内の「パラメータの絞り込み」項目をご覧ください。

フォームの特殊な貼り付けオプション

フォームの特殊な貼り付けオプションのダイアログを開きます。

パレットメニュー

デフォルト設定値に戻す:
パラメータの現在の選択値を、あらかじめ設定していたデフォルト値に戻します。例えば、斜めを向いていた顔や体を正面向きに戻す際に使用します。

デフォルトのフォームをロック:
デフォルトのキーフォームをロックし編集できないようにします。例えば、原画のキーフォームを誤って変更してしまうようなミスを防止することができます。

パラメータ設定:
パラメータ一覧の確認、名前やIDの変更、デフォルト値等の変更、リピートの設定を行うことができます。
パラメータについて

グループ設定:
パラメータグループ一覧の確認、名前やIDの変更を行うことができます。
パラメータについて

まばたき・リップシンク設定:
アニメーションビューの機能であるまばたきやリップシンクに紐付けるパラメータを選択できます。
まばたき設定
BGMや音声を使用したシーンの作成

四隅の形状を自動生成:
角度X角度Y目玉X目玉Yなどのパラメータを結合した際の4隅の形状を自動で生成します。
4隅の形状を自動生成

動きの反転:
デフォーマの中心を軸にして上下左右の反転の動きを作成できます。
動きの反転

マルチキー編集:
複数のパラメータに紐づいたオブジェクトの描画順や不透明度のキーフォームをまとめて編集できます。
マルチキー編集機能

一括反転:
複数のパラメータのキー値を選択し、一括で反転させることができます。
パラメータの調整

拡張補間:
キーフォーム間の軌道を曲線で補間できます。[だ円補間]もしくは[SNS補間]が選択できます。
拡張補間について

ブレンドシェイプの重みの制限設定:
ブレンドシェイプの重みの制限設定のダイアログを開きます。
ブレンドシェイプの重みの制限設定

同じモデルのパラメータ値をタブ間で同期:
ビューアリアの同じモデルを表示しているタブ間でパラメータを同期します。

TIPS
Cubism2.1でリップシンク設定を行っているモデル(cmox)を読み込んだ場合は
「まばたき・リップシンク設定」のリップシンクにチェックを入れる必要があります。

 

c.パラメータバー

番号 項目 詳細
下のパラメータと結合

クリックすると、すぐ下にあるパラメータと結合して表示します。
スライダー上の現在値を上下左右に動かすことができるようになるため、X方向とY方向に動くパラメータに用いると直感的な操作が可能になります。

パラメータ名

パラメータの名前が表示されます。
名称を右クリックすると、以下のメニューが表示されます。

パラメータ編集:
[パラメータ編集]ダイアログが開きます。

名前:
パラメータの名前です。任意の設定にできます。

ID:
パラメータのIDです。任意の設定にできますが、仕様上のルールなどがなければ「標準パラメータリスト」にあるIDで作成することをお勧めします。

最小、デフォルト、最大:
パラメータの最小値、デフォルト値、最大値が設定できます。
パラメータの値の範囲は任意の設定にできますが、特に仕様上のルールなどがなければ「標準パラメータリスト」にある値で作成することをお勧めします。

リピート:
パラメータにリピート(ループ設定)設定を行う場合にチェックを入れます。
詳しくは「リピート」のページをご参照ください。

ブレンドシェイプ:
ブレンドシェイプ用のパラメータの場合はチェックが入ります。
詳しくは「ブレンドシェイプ」のページをご参照ください。

IDのルール表示:
[IDの仕様について]ダイアログが開きます。

パラメータ作成:
[新規パラメータ作成]ダイアログが開きます。

パラメータ複製:
パラメータの設定のみを複製します。
オブジェクトやキーフォームは複製されません。

フォルダ作成:
パラメータフォルダを新規作成します。
フォルダ名は自動で作成されますが、名称部分をダブルクリックすることで変更が可能です。

削除:
パラメータもしくはフォルダを選択した状態でクリックすると、削除することができます。
フォルダの中にパラメータが入った状態でフォルダを削除すると、中のパラメータごと削除されます。

パラメータスライダ パラメータの最小値から最大値までキー値が直線で表示されます。
パラメータの値

現在の値が表示されます。
テキストボックス上でドラッグするか、キーボードから直接入力して、値を指定することもできます。

 

d.パラメータスライダをクリックした際に表示されるポップアップ

番号 項目 詳細
キーフォーム追加  現在の値でキーを1点作成します。
キーフォーム削除  現在選択されているキーだけを削除します。

 選択 / 反転 / 調整 / 変更

 マウスオーバーで左の項目が表示され、対応するオブジェクトの選択や、パラメータの各種調整を行うことができます。
パラメータの調整

 

e.パラメータやフォルダの新規作成・削除

番号 項目 詳細
 パラメータ作成

パラメータを新規作成します。
[新規パラメータ作成]ダイアログが開きます。



名前:
パラメータの名前です。任意の設定にできます。

ID:
パラメータのIDです。任意の設定にできますが、仕様上のルールなどがなければ「標準パラメータリスト」にあるIDで作成することをお勧めします。

最小、デフォルト、最大:
パラメータの最小値、デフォルト値、最大値が設定できます。
パラメータの値の範囲は任意の設定にできますが、特に仕様上のルールなどがなければ「標準パラメータリスト」にある値で作成することをお勧めします。

ブレンドシェイプ:
ブレンドシェイプ用パラメータを作成する場合はチェックを入れます。
詳しくは「ブレンドシェイプ」のページをご参照ください。

IDのルール表示:
[IDの仕様について]ダイアログが開きます。

新規フォルダの作成 フォルダを新規作成します。
フォルダ名は自動で作成されますが、名前の部分をダブルクリックすることで変更が可能です。
パラメータの名前部分をドラッグし、フォルダの上でドロップすると、フォルダに格納して見やすくまとめることができます(1階層のみ作成可能)。
 削除 パラメータもしくはフォルダを選択した状態でクリックすると、削除することができます。
フォルダの中にパラメータが入った状態でフォルダを削除すると、中のパラメータごと削除されます。

TIPS
パラメータやフォルダを新規で作成した場合、選択中のパラメータやフォルダの下に追加されます。
未選択状態で作成した場合は、[パラメータ]パレット最下部にされます。

 

f.パラメータフォルダの全展開・集約

番号 項目 詳細

パラメータフォルダの全展開・集約

パラメータフォルダの全展開・集約を行います。

 

g.パラメータフォルダ

番号 項目 詳細

フォルダ名

フォルダの名前が表示されます。
フォルダ上で右クリックすることで以下の機能がポップアップで表示されます。

グループ色設定:
[グループ色設定]ダイアログが開きます。
詳細は、このページ内の「パラメータフォルダの色分け」項目をご覧ください。

色のリセット:
フォルダ色を初期設定に戻します。

パラメータ作成:
[新規パラメータ作成]ダイアログが開きます。

パラメータ複製:
パラメータの設定のみを複製します。
オブジェクトやキーフォームは複製されません。

フォルダ作成:
フォルダを新規作成します。

削除:
フォルダを削除することができます。
フォルダの中にパラメータが入った状態でフォルダを削除すると、中のパラメータごと削除されます。

 

パラメータパレットの基本操作

パラメータにキーを追加:
詳細は「パラメータにキーを追加・削除」をご覧ください。

パラメータの選択:
「角度X」などのパラメータ名の部分をクリックすると色がグレーに変わり、パラメータが選択された状態になります。

パラメータの順序の変更:
「パラメータ名」の部分をドラッグ&ドロップすると、パラメータの順序を変更できます。
※フォルダの場合も同様の操作です。
※複数選択しドラッグ&ドロップすることも可能です。

現在値の設定:
スライダ上で左クリックするか、パラメータバー右のテキストボックスに値を入力します。

作成済みのキーの選択:
スライダ上のキーの部分で右クリックすると、吸着するように選択できます。

フォルダの展開/折り畳み:
パラメータフォルダ上のフォルダアイコンをクリックすると、展開や折り畳みを行うことができます。

 

パラメータの絞り込み

パラメータが増えてくるとオブジェクトやデフォーマに、どのパラメータが紐づいているのか分かりにくくなります。

パラメータパレットの①[絞り込み]ボタンをクリックすることで、
そのオブジェクトに対応付けているパラメータのみが表示されるため調整したいパラメータを見つけやすくなります。
オブジェクトは複数選択可能です。もう一度クリックすると元の表示に戻ります。

 

 

パラメータスライダーの表示について

パラメータスライダーには「現在の値」と「キー」の2つの要素があります。
キーフォームの有無やオブジェクトの選択状態によって、表示が変化します。

現在の値:

キーフォームが設定されていない、現在の値です。
キーフォームが設定されている、現在の値です。
リピートが設定されている、現在の値です。

キー:

キーフォームを設定したオブジェクトが、選択されていない時の表示です。
キーフォームを設定したオブジェクトが、選択されている時の表示です。
キーフォームを設定したオブジェクトが、複数選択されている時に、全てのキーフォームが一致していない状態の表示です。
※例えば、「右まゆ」と「左耳」のオブジェクトを同時に選択した場合、
後者は眉の動きに無関係なため、[右眉 変形]というパラメータのキーは黄色で表示されます。

 

ブレンドシェイプ用パラメータ

[新規パラメータ作成]ダイアログで[ブレンドシェイプ]にチェックを入れることで、ブレンドシェイプ用パラメータを作成できます。
ブレンドシェイプ用パラメータは、最小値「0」、デフォルト値「0」、最大値「1」に設定することをおすすめします。

詳しくは『ブレンドシェイプ』のページをご覧ください。

 

ブレンドシェイプ用パラメータのキーは四角形のマークで表示されます。
色の変化は、通常のキーと同様です。

ベースのキー:

キーフォームが設定されていない時の表示です。
キーフォームを設定したオブジェクトが、選択中の時の表示です。

ブレンドシェイプのキー:

キーフォームを設定したオブジェクトが、選択されていない時の表示です。
キーフォームを設定したオブジェクトが、選択中の時の表示です。
キーフォームを設定したオブジェクトが、複数選択されている時に、全てのキーフォームが一致していない状態の表示です。

 

 

パラメータフォルダの色分け

パラメータグループを色分けして見やすくすることができます。
パラメータグループ上で右クリックし、[グループ色設定]を選択します。

[グループ色設定]ダイアログから、お好みの色を選択して下さい。
[色のリセット]でデフォルトの色に戻せます。

設定した色はアニメーションビューのタイムライン上にも反映されます。

© 2010 - 2022 Live2D Inc.