PSDのインポート

PSDのインポートを行う前に、インポートに適したデータであるか確認してみましょう。
詳しくは「素材分けについて」の頁を参照してください。

 

PSDの準備

Cubism 3では、Photoshopと同じようにパーツパレット内でフォルダ階層を作ることができます。
オブジェクトの数が多くなりがちなまつ毛や、複数パターンある腕もフォルダに格納された状態でそのままインポートできます。
(フォルダに格納されていないレイヤーもインポート可能です)
また、下絵として必要な原画も、PSDの中に含めることができます。

 

フォルダは複数の階層にすることができますが、それぞれのフォルダの中で最下層にあるレイヤーが最終的に「テクスチャ」としてインポートされます。
したがって、線画レイヤーと塗りレイヤー等はあらかじめ結合しておく必要があります。

 

 

PSDのインポート

PSDを Modelerのビューエリアにドラッグ&ドロップします。
※[ファイル]メニュー→[ファイルを開く]から、PSDを開くことでインポートすることも可能です。

 

PSDのレイヤーが自動的にアートメッシュに変換され、キャンバスに配置されました。

 

配置された時点では、頂点の数を最小限に抑えたアートメッシュが作成されます。
ほとんど変形させないテクスチャにまで必要以上に細かいメッシュが割り当てられるのを抑えられるため、データ容量の削減に役立ちます。

この後の工程で、メッシュを細かく編集します。
メッシュ編集

 

TIPS
・Cubism 3より、パーツがPSDのレイヤー順と同じ順序でパーツパレットに配置されるようになりました。
・PSDで非表示のレイヤー(グループ)もインポートされます。
・Cubism 2.1のモデルデータを読み込むと、パーツの順序が強制的に逆転します。
・Cubism 2.1以前における「ポリゴンの割り当て」は、Cubism 3.0では「メッシュの割り当て」となりPSDインポート時に自動で行われるようになりました。

Copyright © 2018 Live2D Inc.