素材分けについて

(2018/09/06 更新)

このページでは、素材分けの工程を具体的に例を上げ説明していきます。
素材分けは、イラストをまつげや目玉、輪郭などを部品ごとに分ける作業のことで、
Live2Dのモデリングをする際に必要な作業になります。

チュートリアル動画「イラスト加工」で部位ごとの詳しい素材分け・解説をしていますのでご覧ください。

素材分けされた描画データはCubism Editorにインポート(読込み)しますが、ご使用の描画ツールによっては
まれに正常に読み込みができない場合があります。

以下が動作を保証している描画ツールになりますので、ご確認ください。

インポート用PSD作成時の推奨描画ツール

  • Photoshop (adobe)
  • CLIP STUDIO PAINT (セルシス)

 

素材分けの基準

素材分けはモデルによって分ける量が変わってきますが、
細かく分けるほどクオリティの高いモデルが作れるようになります。

 

  

 

素材分けの手順

まずは原画をコピーします。
コピーした原画は新規作成したグループ(フォルダ)の中に入れ、わかりやすいようにパーツの名前に書き換えます。

POINT
原画は必要な部位を部分的にコピーしましょう。

 

原画をコピーしたグループにレイヤーマスクを設定し、切り抜きたいパーツの周りを削っていきます。
誤って描画部分を削り過ぎてしまった場合でも、レイヤーマスクを使用することで容易に元に戻せるため便利です。

 

必ず、新規レイヤーを作成し、そこにパーツの色や線を描き足すようにします。
大きく動く部分、他のパーツが動いたとき見えてくる部分は予め多めに描き足しを行っておきます。
グループ内にある原画のレイヤーに直接描き足してしまうと、後々の修正が困難になる為、注意しましょう。

 

以上が大まかな [ 素材分け ] の流れになります。
部位ごとの詳しい素材分け・解説は、チュートリアル動画「イラスト加工」をご覧ください。

素材分けは様々な描画ソフトで作業を行えますが、レイヤーマスクやイラストに合わせ
様々なブラシツールが使える [Photoshop] や [CLIP STUDIO PAINT] で作業することをお勧めします。

 

PSD素材分け用PSDとインポート用PSD

モデル制作の際、修正や管理がしやすいように以下の2つのPSDを用意しておくと便利です。

素材分け用PSD:
主にパーツの加工・編集を行う際に使用

インポート用PSD:
Editorに読み込む際に使用

 

素材分け用PSD

素材分け用PSDはモデル制作中、パーツの描き足しや更なる素材分けが必要になったときに加工・編集を行うPSDです。
フォルダやレイヤーマスクはすべて結合前の状態になります。

 

  

 

インポート用PSD

インポート用PSDはEditorに読み込むために、素材分け用PSD内のフォルダやレイヤーマスクを結合し、
部品を一枚のレイヤーにまとめた状態のPSDです。

POINT
描き足しは、基本的に「インポート用のPSD」に行うほうが容易なのですが、
後々の編集を行いやすくするように、「素材分け用のPSD」で行うことをお勧めします。

 

  

 

インポートPSDの作り方

素材分け用PSDで作成した各部品(グループ)を、それぞれ一枚レイヤーに結合していきます。

 

すべてを部品を一枚レイヤーに出来たら別名保存をします。
ファイル名は、素材分け用PSDを「〇〇_素材分け.psd」、インポート用PSDを「○○_インポート.psd」などにしておくと管理がしやすいです。
※グループ結合の際は、素材分けPSDにレイヤー結合した状態で上書き保存しないよう注意してください。

TIPS
データ名の最後にt○○と記入し、○○の部分はPSDを更新していくたびに数字を増やすようにすると良いでしょう。
(「t」はテイクという意味です)
また、素材分けとインポートのt○○の数字は一緒にしておくと管理がしやすくなります。

 

 

レイヤーの結合を自動で行うことのできる、Photoshopのスプリクトを公開しています。
Photoshop用スクリプト」のページからダウンロードしてみましょう。

 

インポート用のPSDを作るときのルール

インポート用のPSDを作る際、以下の点に注意が必要です。

同じ名前のレイヤーが無いか確認する:
基本的に同じレイヤー名でもEditorに取り込むことができますが、
同じレイヤー名があると混乱が生じ、後々トラブルの原因になります。
こうしたトラブルを避けるために、素材分けPSDの段階で全て違うレイヤー名にしておきましょう。

結合後のレイヤー属性は「通常」:
乗算やオーバーレイなどのレイヤーは色がおかしくなる可能性があります。

[不透明度]と[塗り]は100%で出力される:
不透明度などを50%などにしていても、テクスチャ化するときに100%にした状態で配置されます。
不透明度で濃さを調整する頬染めなど、注意が必要です。
Editorに読み込んだ後、不透明度を再調整するのを忘れないようにしましょう。

線画やクリッピングマスクを結合しておく:
1部品、1レイヤーになります。
線画や塗り、フィルター効果、クリッピングなどは結合して1つのレイヤーにします。
※線画や影などを分けたい場合も1部品、1レイヤーで管理しましょう

レイヤーマスクは使わない:
レイヤーマスクが残っている場合は、「レイヤーマスクを適用」で1つにまとめておきます。

カラーモードは「RGB」、カラープロファイルは「sRGB」:
カラーモードがRGB以外のCMYKなどになっているとPSDを読み込めませんので、RGBモードにしましょう。
カラープロファイルがsRGB以外だと、読み込んだときに色がおかしくなる可能性があるので、sRGBにしておきましょう。
変換方法に関しては「PSDのカラープロファイル」のページをご参照ください。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.