PSDの再インポート

(2018/06/21 更新)

すでにPSDをインポートした後でも、PSDに変更を加え差し替えたり、新しくパーツを追加することができます。
このページ内では以下の内容で反映させる方法を説明していきます。

  1. 「既存のパーツを調整」
  2. 「新規でパーツを追加」
  3. 「既存のパーツの形状を変更」

POINT
パーツ名(またはPSDにおけるレイヤー・グループ名)の変更や重複、レイヤー順の変更などは、
不具合の原因になりやすいので避けるようにしましょう。

 

既存のパーツを調整(軽微な変更の場合)

塗った色の変更や、数ピクセル程度はみ出した線の修正など、元の形状から大きく変わらない場合の差し替えは以下のように行います。
まずは対象となるモデルデータを開きます。

 

こちらが変更を加えたPSDです。形状は変えず、色のみを変更しています。

 

この修正したPSDをModelerのビューエリアへドラッグ&ドロップします。

 

差し替えたいモデルを選択し、[OK]をクリックします。

 

ここでは、最初の作成時に使用したインポート用のPSDを選択し、差し替えたいので、
「既存のインポートPSD名」を差し替えを選択し、[OK]をクリックします。

 

PSDが差し替えられました。

再インポートを行うとパーツパレットの最上部に新しくパーツが作成されますが、この例では既存パーツの色変更しか行っていないため、
空の状態で作成されます(新規レイヤー等がある場合、この中に格納されます)。
この空のパーツは不要なので、削除しておきます。

 

 

新規パーツがある場合

前項で編集したモデルに対し、更にPSDの再インポートを行います。
今度は、体のレイヤーが新たに追加されたPSDを使用します。

 

ビューエリアにドラッグ&ドロップの後、差し替えたいモデルを選択し、[OK]をクリックします。

 

前項と同様に、「前回のインポートPSD名」を差し替えを選択し[OK]をクリックします。
再インポートを繰り返すごとに、3行目以降の項目が増えていきますが最新のデータを選択してください。
つまり、通常の再インポートでは3行目の項目を選択することになります。

 

PSDが差し替えられ、新しいPSDのファイル名が付いた新規パーツが追加されました。
更にその中に、今回追加した「カーディガン」のパーツが格納されています。

 

PSDに新規レイヤーが追加された場合は、PSDでのレイヤー順に関わらず一番上に配置されるので意図しない描画順になってしまうことがあります。
「カーディガン」のパーツだけをドラッグ&ドロップして適切な描画順に修正したら、空になった元のパーツは削除しておきましょう。

TIPS
「新規パーツのみ」のPSDを作成して再インポートする際も、この項と同様に操作します。

 

既存テクスチャの形状を変更する場合

引き続き、前項のモデルへの再インポートを行います。
今度は、既存のテクスチャの形状を大きく変更したい場合の解説です。
既存のレイヤーを編集し、後ろ髪を伸ばしたPSDを用意しました。
レイヤー名に変更はありません。

 

ビューエリアにPSDをドラッグ&ドロップの後、差し替えたいモデルを選択し、[OK]をクリックします。

 

「前回のインポートPSD名」を差し替えを選択し、[OK]をクリックします。

 

PSDが差し替えられました。
最初の項目で解説した「軽微な変更の場合」と同じく、既存パーツに対する変更ですので
インポートパーツ(フォルダ)は空の状態で、なおかつ編集内容が既存パーツに反映されています。

ただし、既存のメッシュの範囲に収まりきれないほど形状を変更したため、画像が途中で切れてしまっています。

 

これを修正するため、メッシュ編集モードに切り替えます。
「後ろ髪」のアートメッシュを選択した状態でCtrl+Eを押します。

ビューエリア内の「表示」部分の設定がモデル用画像表示になっていると、レイヤー全体を確認することができます。
画像がすべて収まるようにメッシュを作成したら、完了のチェックマークボタンをクリックするか、Enterキーを押します。

 

「後ろ髪」のアートメッシュがすべて表示されました。

 

TIPS
PSDの再インポートは複数まとめて行うこともできます。

 

間違って対応付けられたレイヤーの差し替え

レイヤー名が変更されたPSDファイルや、異なるアプリケーションで再編集されたPSDファイルを再インポートした場合に、正しく対応付けられない場合があります。
あるアートメッシュで使用するレイヤーが間違っている場合は以下のステップで差し替えを行うことができます。

  1. レイヤーの差し替えが必要なアートメッシュを選択します。
  2. 「プロジェクト」パレットを開きます。
  3. 「プロジェクト」パレット上で、編集中のモデルをツリー上で展開し、「原画」の中から差し替え用に再インポートしたPSDファイルを探します。
    (「原画」をクリックすると「インスペクタ」パレットにインポート日時が表示されます)
  4. 再インポートしたPSDファイルの中から正しいレイヤーを探し、右クリックから「選択オブジェクトの入力画像として設定」を選ぶことで、
    レイヤーが差し替わります。

 

原画(PSD画像)の切り替え

再インポート時に差し替えを行ったとき、差し替えられたPSD画像もプロジェクト内に保持した状態になります。
「プロジェクト」パレットの「原画」で新旧のPSD画像を確認できます。

古い原画を右クリックして「カレントに切り替え」を選ぶことで再インポート前のPSD画像に置き換えることができます。

 

再インポートで発生した複数の原画をまとめる

原画を修正するためにPSDを何度も再インポートすると、プロジェクトパレット内に複数の原画が溜まってきます。
現在使用されている(カレント状態)原画レイヤーが複数の原画にまたがって存在している場合は一つにまとめることができます。

まずは、例をあげて説明していきます。

「マーク_free_インポート_t02.psd」へ「マーク_free_インポート_t03.psd」を再インポートします。

マーク_free_インポート_t02.psd マーク_free_インポート_t03.psd

再インポートが完了すると、下図のようにモデルが表示されます。
再インポートした「マーク_free_インポート_t03.psd」にないアホ毛は、元の「マーク_free_インポート_t02.psd」
に紐づいた状態で表示されます。

元の原画である「マーク_free_インポート_t02.psd」を選択し、インスペクタパレットを確認します。
「モデル用画像での利用数」が"1"となっていますが、これはアホ毛になります。(カレント状態)
その下の「モデル用画像への接続数」は"32"ということで、再インポートされた元のPSDもまだリンクされていることがわかります。

続いて、再インポートした「マーク_free_インポート_t03.psd」を選択し、インスペクタパレットを確認します。
こちらは「モデル用画像での利用数」と「モデル用画像への接続数」は同じ"31"という数値になっています。
モデル用画像として全てのレイヤーが使用されていることがわかります。

ただ、アホ毛がない分、元の原画よりも、一つ少ない数値になります。

モデル用画像が2つの原画にまたがってしまったため、下図のように元の原画にあるアホ毛をドラッグして再インポートした原画へドロップします。
こうすることで、元の原画の中は全て「#未使用#」となり、再インポートした原画の「モデル用画像での利用数」と「モデル用画像への接続数」はアホ毛が増えて"32"になりました。

 

原画(PSD画像)の削除

使用しなくなった原画は右クリックメニューから削除を行います。
(そのまま残しておいて、後で変更することも可能です)

元のPSD画像のレイヤーがアートメッシュとして利用されている場合は警告が出ます。

 

 

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.