新機能紹介 4.2

(2022/06/16 更新)

Live2D Cubismがバージョン4.2へ大型アップデート!
詳しい新機能の内容は以下をご覧ください。

 

新機能紹介動画

日本語版

英語版

韓国語版

中国語版

bilibili :

 

ブレンドシェイプ

ブレンドシェイプ用のパラメータを作成してオブジェクトの形状に差分を加算する機能です。
表情変化などの細かな動きを差分として作成できるため、パラメータの掛け合わせの数を気にせずにモデリングができます。

詳しい内容は『ブレンドシェイプ』のページをご覧ください。

 

乗算色・スクリーン色

オブジェクトに指定した色を乗算色やスクリーン色で合成できる便利な機能です。
キーフォームとして補間できるため、動きに合わせて色を変化させることができます。

詳しい内容は『乗算色・スクリーン色』のページをご覧ください。

 

メッシュ編集の強化

メッシュ編集モードに、ミラー編集機能を追加しました。
左右対称に頂点を追加して、メッシュを効率よく作ることができます。

詳しい内容は『メッシュの手動編集』のページをご覧ください。

 

フォームの特殊な貼り付け

フォームの貼り付けを行うときに、貼り付けるプロパティを選択できる便利な機能です。
アートメッシュの頂点情報や、不透明度、描画順、アートパスの線幅などの任意のプロパティだけを貼り付けることが可能です。

詳しい内容は『フォームの特殊な貼り付け』のページをご覧ください。

 

「四隅のフォームを自動生成」の強化

四隅のフォームを自動生成の機能に[上書きするキー]の設定が追加されました。

基準とするパラメータ値をデフォルト値かパラメータの中央で選択できます。
また、上書きするキーも選択可能になりました。

詳しい内容は『四隅の形状を自動生成』のページをご覧ください。

 

パラメータブックマーク

アニメーションの工程で、モデルを右クリックした位置に関連するパラメータをポップアップ表示する機能です。
パラメータが多いモデルでも、表示したいパラメータを絞り込み、効率的にアニメーション制作ができるようになります。

詳しい内容は『パラメータブックマーク』のページをご覧ください。

 

組み込み用モデルトラック

組み込み用モデルをトラックとしてシーンにインポートする機能です。
組み込み用モデルをタイムラインに読み込んでアニメーションを作成することができます。

詳しい内容は『組み込み用モデルトラック』のページをご覧ください。

 

フリーズ

タイムラインパレット上で特定のプロパティを止めて、モーションや位置などを確認できる便利な機能です。

詳しい内容は『フリーズ機能』のページをご覧ください。

 

ショートカット設定ダイアログの改善

ショートカット設定ダイアログのUIを一新し、検索しやすくなりました。
探したいショートカットキーを、カテゴリーからグループを選択、または「検索」から文字を入力できます。

ショートカット2が追加できるようになりました。
また、検索ボックスでは[名前]と[キーバインド]を選択して検索できます。

詳しい内容は『ショートカットキー一覧』のページをご覧ください。

 

タブの強化

以下の機能を追加しました。
・すべてのビューの表示位置を合わせる
・前のタブに切り替え / 次のタブに切り替え

モデル、アニメーションなど、タブごとのパラメータの見え方の違いを比較する際に便利です。


詳しい内容は『ビューエリアについて』のページをご覧ください。

 

その他の改善

ランダムポーズ設定

ランダムポーズで動かすパラメータを選択する機能を追加しました。
[ランダムポーズメニュー]→[設定]→[ランダムポーズ設定]から変更可能です。

詳しい内容は『ランダムポーズ』のページをご覧ください。

 

言語切り替え機能

エディタに表示される言語を切り替えることができます。
言語は[日本語][英語][韓国語][中国語]から選択できます。

詳しい内容は『ファイルメニュー』のページをご覧ください。

 

同じモデルのパラメータ値をタブ間で同期

全てのモデリングビューでパラメータの値を同期することができます。
[パラメータ]パレットメニュー →[同じモデルのパラメータ値をタブ間で同期]から変更可能です。

詳しい内容は『マルチビュー』のページをご覧ください。

 

《OWViewer》 .motion3.jsonのイベント情報の確認機能

 .motion3.jsonに設定したイベント情報をViewer上で確認できるようになりました。
イベント情報は、設定項目エリア下部と、モデル表示エリアの右下に表示されます。

詳しい内容は『ユーザデータとイベント情報の確認』のページをご覧ください。

 

《OWViewer》.userdata3.jsonの追加、削除、内容の確認機能

.userdata3.jsonとして書き出したユーザデータをViewer上で確認できるようになりました。
ユーザデータの内容は、設定項目エリアに表示されます。

詳しい内容は『ユーザデータとイベント情報の確認』のページをご覧ください。

 

名前や表示の変更について

Cubism 4.2 beta1から以下の項目が変更になります。

・「頂点情報に加えて不透明度や描画順なども含んだもの」という意味で使われている「形状」の名前を「フォーム」に変更しました。
・[タブを追加]を[タブを複製]に名称を変更しました。
・[アニメーションのターゲットバージョン選択]ダイアログの、映像のアイコンの文字を「Movie」から「Video」に変更しました。
・ファイルメニューの [組込み用ファイル書き出し]の表記を[組み込み用ファイル書き出し]に修正しました。
・パーツパレットで[下絵]にチェックが入ったフォルダのアイコンのデザインを変更しました。
・「4隅」の形状を自動生成の表記を「四隅」に変更しました。
・シャイアイコンに透過部分を追加しました。

 

© 2010 - 2022 Live2D Inc.