Cubismコントローラーについて

(2022/09/21 更新) 

Adobe After Effects 上でコントロールパネルやタイムラインからキーを追加できますが、Cubismコントローラーを使用した便利な編集方法を解説します。

 

 

Cubismコントローラーの表示

Cubismコントローラーで操作を行うことによりCubismのタイムラインと同じような感覚でキーフレームを打つことができます。

赤枠の「Open」をクリックし、[Cubismコントローラー]を表示しましょう。
エフェクトコントロールパネルかタイムラインパネルからも開くことができます。

 

パラメータやパーツがツリーで表示され、スライダー操作もできるようになります。
パラメータの連結やキーの右クリック吸着なども再現され、Cubismのタイムラインとほぼ同じ操作が可能になります。

 

Cubismコントローラーが表示されない場合は[ウインドウ]メニュー → [エクステンション] 内にある[Cubism Controller]にチェックが入っているか確認しましょう。

 

 

Cubismコントローラーについて

Cubismコントローラー内の機能について説明します。

 

パラメータ

No 項目 詳細
切り替え パラメータとパーツを切り替えます。
すべて開く/すべて閉じる パラメータフォルダ内のグループをすべて開いたり閉じたりします。
パラメータグループ パラメータフォルダ内のグループを開いたり閉じたりします。
連結ボタン 下に配置されているパラメータと連結します。
フォルダをまたいでの連結はできません。
キーフレームの追加/移動ボタン 中央の菱形のボタンでAfter Effectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
左右の三角ボタンで前後のキーへ移動します。
キーフレーム作成ボタン After Effectsのタイムラインにキーが追加できるようになります。
パラメータ名 パラメータ名が表示されます。
数値エディタ 直接数値を入力し、パラメータ値を変更します。
ドラッグすることでも値を変更できます。
・[Shift]+ドラッグで10倍の速度で値を変更
・[Ctrl]+ドラッグで0.1倍の速度で値を変更
スライダー スライダーをドラッグしてパラメータ値を変更します。
パラメータ値のリセットボタン 個別にパラメータの値をデフォルト値に戻します。
パラメータ値の一括リセットボタン 全てのパラメータの値をリセットし、デフォルト値に戻します。
レイヤー表示のロック ロックすると、他のレイヤーを選択しても表示が切り替わらなくなります。

 

パーツ

No 項目 詳細
切り替え パラメータとパーツを切り替えます。
すべて開く/すべて閉じる パラメータフォルダ内のグループをすべて開いたり閉じたりします。
キーフレームの追加/移動ボタン 中央の菱形のボタンでAfter Effectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
左右の三角ボタンで前後のキーへ移動します。
キーフレーム作成ボタン After Effectsのタイムラインにキーが追加できるようになります。
パーツを開く/閉じる パーツを開いたり閉じたりします。
パーツ名 パーツ名が表示されます。
数値エディタ 直接数値を入力し、パーツの不透明度の値を変更します。
ドラッグすることでも値を変更できます。
・[Shift]+ドラッグで10倍の速度で値を変更
・[Ctrl]+ドラッグで0.1倍の速度で値を変更
スライダー スライダーをドラッグしてパーツの不透明度の値を変更します。
パーツの表示/非表示ボタン 個別にパーツを表示または非表示にします。
ドラッグでなぞるように切り替えできます。
パーツの一括非表示ボタン すべてのパーツを一括で非表示にします。
パーツの一括表示ボタン すべてのパーツを一括で表示します。
レイヤー表示のロック ロックすると、他のレイヤーを選択しても表示が切り替わらなくなります。

TIPS
パーツ化されていないオブジェクトはパーツタブ内に表示されません。
CubismEditor内で、キャラクターの構成要素(目や鼻など)ごとにパーツのフォルダを作成し、
その中に表示したいオブジェクトを入れておきましょう。

 

パネルのドッキング

Cubismコントローラーのパネルは、After Effectsのパネルにドッキングすることができます。

 

必要に応じて任意の場所に配置しましょう。

 

 

Cubismコントローラーの表示切り替え

複数のモデルを読み込んで作業を行う場合、それぞれのレイヤーのコントローラーを表示する必要があります。

コントローラーを表示したいレイヤーは直接選択するか、下図の[Open]ボタンをクリックすることで、表示を切り替えることができます。

 

 

操作対象のレイヤーをロックする

タイトルバー左端にある鍵アイコンのボタンをクリックすると、他のレイヤーを選択しても表示が切り替わらなくなります。
これにより、ロック中のCubismコントローラーの操作はロックしているレイヤーに対してのみ行われるようになります。

 

 

Cubism AE Plugin R1 以前のCubismコントローラーについて

Cubism AE Plugin R1 以前のCubismコントローラー内の機能について説明します。
※Cubism AE Plugin R2以降Cubismコントローラーの操作性が格段に向上していますので、ぜひ最新版をお試しください。

パラメータ

No 項目 詳細
Cubismコントローラー最小化ボタン Cubismコントローラーを最小化します。
もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。
切り替えタブ パラメータとパーツをタブで切り替えます。
パラメータ展開ツリー パラメータがツリー表示され、展開することができます。
cdi3.jsonを読み込むことで、アニメーションビュー上での名前を再現します。
キーフレーム追加ボタン After Effectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
パラメータ名 パラメータIDが表示されます。
数値入力ボックス 直接数値を入力し、パラメータ値を変更します。
スライダー スライダーをドラッグしてパラメータ値を変更します。
パラメータ値のリセットボタン 個別にパラメータの値をデフォルト値に戻します。
パラメータ値の一括リセットボタン 全てのパラメータの値をリセットし、デフォルト値に戻します。

 

パーツ

No 項目 詳細
Cubismコントローラー最小化ボタン Cubismコントローラーを最小化します。
もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。
パーツの一括非表示ボタン パーツを全て一括で非表示にします。
切り替えタブ パラメータとパーツをタブで切り替えます。
パラメータ展開ツリー パーツがツリー表示され、展開することができます。
cdi3.jsonを読み込むことで、アニメーションビュー上での名前を再現します。
キーフレーム追加ボタン After Effectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
パラメータ名 パーツIDが表示されます。
数値入力ボックス 直接数値を入力し、パーツの値を変更します。
スライダー スライダーをドラッグしてパラメータ値を変更します。
パーツのリセットボタン 個別にパーツの値をデフォルト値に戻します。
パーツの一括リセットボタン 全てのパーツの値をリセットし、デフォルト値に戻します。

 

© 2010 - 2022 Live2D Inc.