AE プラグインについて

最終更新: 2020年12月2日

Cubism AE プラグインについての解説します。

Live2D Cubism AE Plugin
Live2D Cubism 4 AE Plugin R1 機能紹介
Live2D Cubism 4 AE Plugin R2 beta1 機能紹介

注意事項

AMD社グラフィックボード(Radeon,FirePro etc)搭載機器による本プラグイン使用は推奨しておりません。
使用上不具合が出る報告を頂いておりますので、オンボード、あるいはNVIDIA社グラフィックボードの使用をご検討下さい。

Cubism AEプラグインとは

Adobe After Effects 上で直接Cubismのモデルを表示したりモーションを扱うことができるようになるプラグインです。
Cubismのモデルファイルやタイムライン上で作成したモーションファイルをAfter Effectsに読み込むことができます。
After Effectsのタイムライン上で調整したキーフレームもCubismのモーションデータとして書き出しが可能です。

さらに、AE上で直接モデルのモーション編集を行えるためCubism Editorで出力した動画や連番静止画を使用する必要はありません。
これにより修正時、Cubism Editorに戻って作業するような手戻りもなくなりスムーズに編集が行えます。

編集のたびに静止画連番を出力する必要なし   モデルデータやモーションデータをそのまま読み込み

パーツ個別のレイヤーに分けてエフェクトを適用したり、ライティングの際もモデルを動かしながら編集が可能になります。

CubismAEプラグインサンプルプロジェクト

サンプルプロジェクトのダウンロード

サンプルモデルは、モデルごとに定められたライセンスに沿ってご利用ください。
ご利用に際しては「無償提供マテリアルの使用許諾契約書」および各キャラクター個別の利用条件への同意が必要です。

プロジェクト内の使用モデル:
桃瀬ひよりサンプルデータ集

以下よりサンプルプロジェクトをダウンロードして、確認してみましょう。

番号 ダウンロードURL サンプルデータ 対応バージョン
ダウンロード サンプルプロジェクト1

プラグインのバージョン:
Live2D Cubism 4 AE Plugin R3以降

作成時のAfterEffectsのバージョン:
CC2019(v16.x.x)

プロジェクト内の使用モデル:
桃瀬ひよりサンプルデータ集

ダウンロード サンプルプロジェクト2 プラグインのバージョン:
Live2D Cubism 4 AE Plugin R6以降

 

作成時のAfterEffectsのバージョン:CC2019(v16.x.x)

プロジェクト内の使用モデル:
虹色まおサンプルデータ集

この記事に関するご意見・
ご要望をお聞かせください。