AEプラグインについて

(2019/04/23 更新)

Cubism AEプラグインとは

Adobe After Effects 上で直接Cubismのモデルを表示したりモーションを扱うことができるようになるプラグインです。
CubismのモデルファイルやAnimator上で作成したモーションファイルをAfter Effectsに読み込むことができます。
After Effectsのタイムライン上で調整したキーフレームもCubismのモーションデータとして書き出しが可能です。

 

さらに、AE上で直接モデルのモーション編集を行えるためAnimatorで出力した動画や連番静止画を使用する必要はありません。
これにより修正時、Animatorに戻って作業するような手戻りもなくなりスムーズに編集が行えます。

 

編集のたびに静止画連番を出力する必要なし   モデルデータやモーションデータをそのまま読み込み

 

パーツごとにエフェクトをかけたり、ライティングの際もモデルを動かしながら編集が可能になります。

 

 

サンプルプロジェクトのダウンロード

サンプルモデルは、モデルごとに定められたライセンスに沿ってご利用ください。
ご利用に際しては「無償提供マテリアルの使用許諾契約書」および各キャラクター個別の利用条件への同意が必要です。

プロジェクト内の使用モデル:
桃瀬ひよりサンプルモデル集

以下よりサンプルプロジェクトをダウンロードして、確認してみましょう。
※AfterEffectsのバージョンでCC2018以前のものをお使いの方はCC2014(v13.0)で作成したサンプルをご利用ください。

サンプルプロジェクトのダウンロード

プラグインのバージョン:
Live2D Cubism 3 AE Plugin beta5

AfterEffectsのバージョン:
CC2019(v16.1.1)

サンプルプロジェクトのダウンロード 

プラグインのバージョン:
Live2D Cubism 3 AE Plugin beta5

AfterEffectsのバージョン:
CC2014(v13.0)

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.