パーツの編集

このページではパーツの編集方法について学んでいきます。

 

インポート時のパーツ構造について

Photoshop上で作成された[グループ]がCubism Editor上で[パーツ]に置き換わります。

(PSD側で複数階層になっている場合、Editor側でも複数階層になります)

あらかじめPSD上でグループをまとめておくとインポート後に入れ替える手間が省けます。

 

基本的にPSDでのグループ構造がそのままパーツパレットに反映されます。

PSDのレイヤー構造 Cubism Editorのオブジェクト構造

パーツの階層化について

Editor内でもパーツを任意のパーツへドラッグ&ドロップするか、移動させたいオブジェクトの間にドラッグ&ドロップすると、子要素として階層化されます。
※フォルダ内に収納されていくイメージです。

階層は複数増やすことも可能ですので、頭部のパーツに目や目玉などのパーツをまとめることもできます。
階層化の方法には以下の2パターンがあります。

階層化前 階層化後
 ①
 挿入先のパーツへドラッグすると、パーツが黄色でフォーカスされますので、ドロップします。  挿入先パーツ内の下部に配置されます。
 
 挿入先のパーツ内の任意のオブジェクト間にドラッグすると黒いラインが現れますのでドロップします。   挿入先パーツ内の下部に配置されます。

 

下絵パーツ

下絵パーツには下絵を入れることができます。
また、スナップショットの保存を行った場合、下絵パーツ内に保存されます。

mocなどの書き出し時に下絵を書き出さない設定を行った場合、下絵パーツに含まれるオブジェクトは書き出されません。

下絵パーツの作成

下絵パーツを作成する手順は下記のとおりです。

まず、下絵にしたいパーツを選択します。
次に、インスペクタパレットで下絵のチェックボックスにチェックを入れます。

TIPS
PNG画像をドラッグ&ドロップすることで下絵として読み込むことも可能です。
詳しくは『下絵の配置』の頁をご覧ください。

下絵やスナップショットを配置すると下図のように配置されます。

TIPS
下絵パーツが複数存在する場合や、下絵パーツが存在しない場合は下記のような条件で下絵やスナップショットが配置されます。

・下絵パーツが存在する場合 … 下絵パーツ内に配置されます。
・下絵パーツが存在しない場合 … ルート階層に配置されます。

・下絵パーツが複数存在する場合 … パーツの並び順がより上の下絵パーツに配置されます。
・下絵パーツが階層化されている場合 … より上の階層の下絵パーツに配置されます。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.