書き出すプラットフォーム特有の注意点

[最終更新日 : 2020/09/15]

 

 

WebGL

マルチスレッドについて

Cubism SDK for Unityは、WebGLのマルチスレッドには対応していません。
そのため、Cubism SDK for Unity付属のサンプルシーン「AsyncBenchmark」をWebGLにビルドする場合、あらかじめシーン内で行っているAsync処理を無効にする必要があります。
Async処理を無効にせずにWebGL用にビルドした場合、書き出されたプロジェクトはランタイムでエラーが発生します。

「AsyncBenchmark」のAsync処理は、AsyncTogglerコンポーネントの「Enable Async」のチェックを外すこと��無効にできます。
AsyncTogglerコンポーネントは、シーン内の「Spawner」という名前のゲームオブジェクトにアタッチされています。

 

 

© 2010 - 2020 Live2D Inc.