HarmonicMotion

[最終更新日:2020/01/30]

概要

HarmonicMotionは、指定したパラメータの値を周期的に反復させる機能です。
主に呼吸のように常に動作し続けるものに対して使用します。
HarmonicMotionの設定方法については こちら をご覧ください。

Cubism SDK for Unity におけるHarmonicMotionは2つの要素によって構成されています。

  1. 動作させるパラメータ指定用のコンポーネント
  2. 各パラメータの値を操作するコンポーネント

 

1. 動作させるパラメータ指定用のコンポーネント

HarmonicMotionに使用するパラメータを指定するには、CubismHarmonicMotionParameterを使用します。

CubismHarmonicMotionParameterはMonoBehaviourを継承したコンポーネントで、
[Prefabのルート]/Parameters/ 以下に配置されたGameObjectにアタッチして使用します。
これがアタッチされたGameObjectと同じIDのパラメータの値を周期的に動作させます。

CubismHarmonicMotionParameterには、5つの設定項目があります。

  • Channel

CubismHarmonicMotionControllerで設定された、正弦波の周期の倍率を指定します。
HarmonicMotionでは、一つのモデルに対して複数の周期を設定することができ、CubismHarmonicMotionControllerで設定することができます。
ここには、CubismHarmonicMotionController.ChannelTimescalesのインデックスを設定します。

  • Direction

パラメータの中心を基準に、どの範囲で周期的に動作させるかを設定します。
設定項目は以下の3つです。

- Left : パラメータの中心から左半分の範囲だけで動作します。
- Right : パラメータの中心から右半分の範囲だけで動作します。
- Centric : パラメータの全体で動作します。

  • NormalizedOrigin

Directionで基準にするパラメータの中心を設定します。
そのパラメータの最小値を0、最大値を1としたときの値を中心に設定します。

  • NormalizedRange

NormalizedOriginで設定された値を中心から値を動作させる振幅を設定します。
そのパラメータの最小値を0、最大値を1としたときの、中心からの移動距離を設定します。
この値は、NormalizedOriginで設定された中心の位置からパラメータの最小値または最大値までの範囲だけ設定できます。

  • Duration

パラメータの周期を調整します。

 

また、CubismHarmonicMotionParameterは、CubismHarmonicMotionControllerが参照先を取得するためのマーカーとしても使用しています。

 

2. 各パラメータの値を操作するコンポーネント

各パラメータに開閉の値を適用するには、CubismHarmonicMotionControllerを使用します。
これはMonoBehaviourを継承したコンポーネントで、使用する際はCubismのPrefabのルートにアタッチします。

初期化時に、PrefabにアタッチされたすべてのCubismHarmonicMotionParameterの参照を取得します。
実行中に周期的に値を動作させるパラメータを追加/削除した場合、CubismHarmonicMotionController.Refresh()を呼んで参照を取得し直します。

 

CubismHarmonicMotionControllerは、毎フレームのLateUpdate()のタイミングで、CubismHarmonicMotionParameterでマーキングされたパラメータに対して算出された値を適用します。

 

CubismHarmonicMotionControllerには、2つの設定項目があります。

  • BlendMode

パラメータに値を適用する際のブレンドモードです。
設定できる値は以下の3つです。

- Override : 現在の値を上書きします。
- Additive : 現在の値に加算します。
- Multiply : 現在の値に乗算します。

  • ChannelTimescales

正弦波の周期を設定します。
周期は複数設定できます。

© 2010 - 2020 Live2D Inc.