UserData

[最終更新日:2020/01/30]

概要

UserDataは、モデルのアートメッシュに設定されたユーザデータをUnity上で可視化する機能です。
ユーザデータはアートメッシュに対して任意のタグを付与できる機能で、SDK上で特殊な処理を行うアートメッシュを指定する場合などに活用できます。

ユーザデータの詳細については こちら をご覧ください。

Unity上でユーザデータを使用するには以下の手順を行います。

  1. .userdata3.jsonをパース
  2. アートメッシュにUserDataを設定

1. .userdata3.jsonをパース

.userdata3.jsonを、CubismUserData3Jsonを用いてパースします。
CubismUserData3Jsonについては こちら をご覧ください。

 

.userdata3.jsonのパスは、.model3.jsonからもCubismModel3Jsonを用いて取得することができます。
取得できるパスは.model3.jsonからの相対パスです。

CubismModel3Jsonの詳細については こちら をご覧ください。

 

パースした.userdata3.jsonから、アートメッシュのデータを取得します。

 

 

2. アートメッシュにUserDataを設定

.userdata3.jsonから取得したユーザデータを、Prefabのアートメッシュに適用���ます。

アートメッシュにユーザデータの情報を付与するには、CubismUserDataTagを使用します。

© 2010 - 2020 Live2D Inc.