Masking

[最終更新日:2020/01/30]

 

概要

CubismSDKにおけるクリッピングを使用したモデルの動作とそのモデルが使用しているマスク用のテクスチャの状態が確認できるサンプルです。

何の機能が確認できるか

CubismSDKにおけるクリッピングを使用したモデルの動作とそのモデルが使用しているマスク用のテクスチャの状態を確認できます。

簡単な使い方

シーン上の2つのオブジェクトの内、上がクリッピングを使用したモデルのPrefabを配置しており、下がシーン上のモデルが使用しているマスク用のテクスチャの状態を描画しています。

シーンの設定方法

  1. Hierarchy上に3D Object -> Quad を作成してください。
  2. 作成したQuadに”MaskTexturePreview”をAdd Componentしてください。
  3. ”MaskTexturePreview”のMask Texture に”GlobalMaskTexture”を格納してください。
  4. QuadのMesh Renderer -> MaterialsのElement 0にMaskPreviewを格納してください。
  5. 以上でシーン上のモデルが使用しているマスク用のテクスチャの状態を描画できるようになります。
    試しに\Assets\Live2D\Cubism\Samples\Models\Rice\Rice.prefab をSceneまたはHierarchy上にドラッグ&ドロップするとRiceモデルのマスクが描画されていることを確認できます。

© 2010 - 2020 Live2D Inc.