Original Workflowについて

[最終更新日 2020/01/30]

 

Cubism2.1に近い運用形態を「Original Workflow( オリジナルワークフロー )」と呼びます。略称は「OW」と表記します。
Original Workflowは、表情設定、ポーズ設定、モーションリスト等をCubism2.1に近い形で利用することができます。

パラメータフェードを使用した腕などのポーズ切り替えや表情の作成は、Cubism Viewer (for OW)によって設定できます

 

 

ここでは、Cubismの組み込み形式ファイルとFrameworkとの関係と機能を説明します。

 

ファイルの種類、編集ソフト、取り扱いクラス、機能

拡張子 編集 クラス 機能 詳細へのリンク
.moc3 Modeler CubismMoc
CubismModel
頂点情報、Coreでの取り扱い モデルについて
パラメータ操作
モデルの当たり判定
自動まばたき
リップシンク
.png Modeler CubismRenderer派生クラス内 テクスチャアトラス
.model3.json Modeler
Viewer
ICubismModelSetting派生クラス
CubismModelSettingJson
各ファイルの相対位置、モデルの設定に関すること
.userdata.json Modeler CubismModelUserData アートメッシュに設定するユーザデータ ユーザデータについて
.physics3.json Modeler CubismPhysics 物理演算 物理演算
.pose3.json Viewer CubismPose パーツ表示の切り替えの制御 ポーズについて
.motion3.json Animator CubismMotion Animatorで作った動き モーションについて
.exp3.json Viewer CubismExpressionMotion 表情設定(動きのないmotion) 表情モーションについて

 

フレームレートによるフェード計算の差異

モーションのフェード計算はアプリケーションのフレームレートの影響を受け、
フレームレートが高いほどフェードが効きにくく見える傾向にあります。
これはViewerと作成されたプログラムで表現に差が出る可能性があるためで、
微妙な表現が必要になるフェードなどは、

  • 実機で確認をする
  • Viewerとプログラムのフレームレートを一致させる
  • 微妙な表現が必要な場所にフェードを使用しない

などの対策を行う必要があります。

 

© 2010 - 2020 Live2D Inc.