Web版特有の注意点

[最終更新日:2019/01/18]

 

レンダラにWebGLコンテキストなどを渡す

CubismWebSamplesではパフォーマンス向上のため、ループ内でWebGLのゲッターの使用を控え、アプリケーション側でキャッシュしたものを渡しています。
描画前のフレームバッファ、ビューポートの情報をレンダラに渡す必要があります。

 

 

アロケータ、メモリ関連の説明

Native版とは違い、不要になった変数やオブジェクトはガベージコレクションにより解放されるため、これらに対して適切に参照を切る必要があります。

 

テクスチャのフォーマットについて

Web版ではライブラリの描画方式がPremultiplied方式になっているため、テクスチャ生成時にUNPACK_PREMULTIPLY_ALPHA_WEBGLをtrueにする必要があります。

Copyright © 2018 Live2D Inc.