Cubism SDK for Unityの値の操作タイミングについて

[最終更新日:2019/07/25]

Unityでモデルのパラメータの値を操作する場合、 MonoBehaviour.LateUpdate() のタイミングで行うことを推奨しております。

Live2D Cubism SDK for Unityでは、アニメーション再生はUnityのビルトイン機能であるAnimator、Playable APIを利用しており、これらはパラメータの値をMonoBehaviour.Update()からMonoBehaviour.LateUpdate()の間で適用します。
そのため、MonoBehaviour.Update()でパラメータの値を設定した場合、実行順序の関係により、アニメーションでその値を上書きしてしまうこともあります。

Unityのイベント関数に関してはUnity公式のドキュメントをご覧ください。

Copyright © 2019 Live2D Inc.