AutomaticAsyncBenchmark

[最終更新日:2021/03/17]

※以下の機能はCubism 4 SDK for Unity R2以前の従来のSDKでは利用することが出来ません。

 

AutomaticAsyncBenchmarkシーン

  • パフォーマンスを確認したいモデルの設定方法はAsyncBenchmarkシーンと同様です。
    詳しくは「AsyncBenchmark#シーンの設定方法
    」を確認してください。
  • AutomaticAsyncBenchmarkシーンではシーンを実行すると自動的にモデルの数が増えていきます。
    モデルの数はBenchmarkController.TargetFrameRateに設定した値に満たなくなると、変化しなくなります。
  • モデルの数が変化しなくなると、Reached Model Countと書かれたテキストUIにモデルの数が表示され、Reached Timeにはモデルが変化しなくなってからの経過時間が表示されます。

 

AsyncBenchmarkシーンとAutomaticAsyncBenchmarkシーンに共通する追加機能

1. FrameRateUiHolderコンポーネント

  • このコンポーネントはシーンのGameObject「Spawner」に付属しています。
  • ShownElapsedTimeトグルを利用してベンチマークの総稼働時間の表示を切り替えることが出来ます。
  • ShownFrameRateトグルを利用して目標フレームレート未満だった場合の最高フレームレートと最低フレームレートの二つのUIを表示させるか否か切り替えることが出来ます。
    ただし、これらのUIは独立しておらず、どちらか一方のみを表示させることは出来ません。
    (目標フレームレートについてはFrameRateMeasurerコンポーネントの項目にて説明します。)

  • 最高フレームレートと最低フレームレートと共にそれらが観測された時間も表示されます。
  • 最高フレームレートと最低フレームレートの値はモデル数が変化した場合リセットされます。

2. FrameRateMeasurerコンポーネント

  • TargetFrameRateで目標フレームレートを設定することが出来ます。
  • UIにはこの目標フレームレート未満を計測している間の最高フレームレートと最低フレームレートが表示されます。

 

AutomaticAsyncBenchmarkシーンのみに存在する機能

  • BenchmarkControllerコンポーネント
    • TargetFrameRateで目標フレームレートを設定することが出来ます。
    • シーンを開始すると垂直同期がオフになります。
      また、Application.targetFrameRateへTargetFrameRateに設定した値が代入され、その値がフレームレートの上限値となります。
    • ReachedTimeの値はモデル数が変化したとき、リセットされます。
    • このコンポーネントが存在するとき、FrameRateMeasurer.TargetFrameRateの値はこのコンポーネントのTargetFrameRateの値で上書きされます。

© 2010 - 2021 Live2D Inc.