インポートしたモデルを更新

[最終更新日:2019/01/31]

モデルの修正などで、一度プロジェクトにインポートしたモデルを更新する場合、
Unity3Dに再度ドラッグ・アンド・ドロップしてしまうと上書きされずに新しいモデルとしてインポートされてしまいます。

モデルを更新する場合は、以下の手順を行ってください。

 

moc3ファイルやmodel3.jsonファイルなどを右クリックし、 Windowsの場合は [Show in Explorer] 、Macの場合は [Reveal in Finder] をクリックします。

すると、右クリックしたファイルの階層でWindowsのエクスプローラー、またはMacのFinderが開かれます。

このエクスプローラーやFinder上で、更新するファイルを上書きします。

最後に、UnityのProjectビューでmodel3.jsonを右クリックし、[Reimport] をクリックするとモデルのPrefabが更新されます。

 

 

Original Workflow方式について

[2019/01/31 追加]

更新されるPrefabが従来方式とOriginal Workflow方式のどちらで設定されるかは、再インポートを行った時の設定が優先されます。

たとえば、チェックを入れた状態で生成したPrefabを、チェックを外して更新した場合、更新したPrefabにはOW方式のコンポーネントはアタッチされていません。

Copyright © 2018 Live2D Inc.