Pose機能を利用する

最終更新: 2020年1月30日

このページでは、Cubismのモデルにパーツの表示状態を制御させる手順を説明します。
以下は[SDKのインポート~モデルを配置]を行ったプロジェクトに追加することを前提としています。

ポーズの設定方法につきましては「ポーズの設定」を、SDKのPoseの仕様につきましては「Pose」をご覧ください。

概要

Unityエディターメニューの「Live2D/Cubism/OrignalWorkflow/Should Import As Original Workflow」をチェックした状態でインポートしたモデルである場合、モデルにPoseが設定されます。

上記の設定をしていないモデルにPose機能を適用する場合、本記事で説明する手順で設定することができます。

  1. AnimationClipのカーブをクリア
  2. OWモードでモデルを再インポート

※ OWモードでモデルを再インポートした場合、Pose設定以外のOW用のコンポーネント「CubismUpdateController」「CubismParameterStore」「CubismExpressionController」も同時に追加されます。

AnimationClipのカーブをクリア

1. Unityエディターメニューの「Live2D/Cubism/OrignalWorkflow/Should Import As Original Workflow」にチェックを入れます。

2. Unityエディターメニューの「Live2D/Cubism/OrignalWorkflow/Should Clear Animation Curves」にチェックを入れます。

3. Projectウィンドウで、設定するモデルデータのフォルダを右クリックして「Reimport」をクリックします。

OWモードでモデルを再インポート

1. Unityエディターメニューの「Live2D/Cubism/OrignalWorkflow/Should Clear Animation Curves」のチェックを外します。

2. Projectウィンドウで、再インポートするモデルデータのフォルダを右クリックして「Reimport」をクリックします。

この記事に関するご意見・
ご要望をお聞かせください。