モーションフェードを有効にする

[最終更新日:2019/03/28]

このページでは、CubismのモデルにMotionFadeを利用し、CubismEditorで設定したフェード値を適用してアニメーションをフェードさせる手順を説明します。
以下は「SDKをインポート」を行なったプロジェクトに追加することを前提としています。

 

概要

Unity上でモーションフェードやパラメータフェードを表現するには、Cubism 3 SDK for Unity では「MotionFade」を利用します。

Unityエディターメニューの「Live2D/Cubism/OrignalWorkflow/Should Import As Original Workflow」をチェックした状態でインポートしたモデル
である場合、モデルにMotionFadeが設定されます。

上記の設定をしていないモデルにMotionFadeを利用する場合、以下の手順を行います。

  1. CubismFadeControllerをアタッチ
  2. 「モデル名.fadeMotionList」を設定
  3. AnimatorControllerの各レイヤーにCubismFadeStateObserverをアタッチ

 

1. CubismFadeControllerをアタッチ

モデルのルートとなるGameObjectに、フェードを制御する「CubismFadeController」をアタッチします。

- Cubism Fade Motion List:「モデル名.fadeMotionList」を設定します。詳細は手順の2で説明します。

 

2. 「モデル名.fadeMotionList」を設定

モデルを選択し、InspectorビューからCubismFadeControllerの「Cubism Fade Motion List」に、「モデル名.fadeMotionList」をドラッグ・アンド・ドロップします。

※「モデル名.fadeMotionList」はAnimationClipのInstanceIdと「.fade」アセットを関連付けてリストにまとめたアセットです。
※ 「.fade」アセットはモーションデータを保存するアセットです。motion3.jsonから自動生成されます。

 

3. AnimatorControllerの各レイヤーにCubismFadeStateObserverをアタッチ

AnimatiorControllerを選択し、Animatorウインドウで各レイヤーのInspectorビューに「CubismFadeStateObserver」をアタッチします。

以上でMotionFadeを利用してフェードを制御する設定は完了です。

この状態でSceneを実行すると、アニメーションがフェードする際にCubismEditor上で設定したフェード値が適用されます。

※ CubismFadeStateObserverがアタッチされてないレイヤーのアニメーションフェードはTransitionの設定でフェードします。

Copyright © 2018 Live2D Inc.