.cdi3.jsonの利用

[最終更新 : 2021/10/28]

 

概要

ここでは.cdi3.jsonを利用してパラメータやパラメータグループ、パーツの表示名をカスタマイズする方法を説明します。

使用するモデルデータは、.cdi3.jsonが書き出されていることが前提となっています。

.cdi3.jsonについてやSDK for Native及びSDK for Webでの実装についてはこちらをご覧ください。

事前準備として、[SDKのインポート~モデルを配置]を参考に、.cdi3.jsonが書き出されたモデルデータのインポートとプレハブの配置を行った後、プレハブのルートオブジェクトを選択してください。

 

インスペクタ上での利用

.cdi3.jsonを含むモデルデータをインポートした場合、.cdi3.jsonに記載されているパラメータやパーツの名称を、モデルのプレハブのインスペクタ上に表示することが出来ます。


また、ユーザが任意の名称を割り当てることも出来ます。
名称を設定するには、[Cubism Display Info Parameter Name]もしくは[Cubism Display Info Part Name]のDisplay Nameに入力します。
Display Nameが空の場合、.cdi3.jsonに記載の名称が利用されます。

Display Nameが未設定の状態:

Display Nameを設定した状態:

Display Name設定時のパラメータの表記:

 

 

アプリケーション上での利用

下記のコードは、実際にアプリケーション上で利用する際の例になります。
中身を以下のように書き換えたC#スクリプトを作成し、モデルのプレハブへアタッチする形で利用出来ます。

 

以下はScroll Viewへ適用した場合の表示例となります。

© 2010 - 2021 Live2D Inc.