スクリプトからモーションを再生させる

[最終更新日:2019/03/28]

このページでは、CubismのモデルにMotionControllerの設定手順を説明します。
以下は「SDKをインポート」「MotionFadeの設定」を行ったプロジェクトに追加することを前提としています。

 

概要

UnityのMecanimを利用せず、スクリプトからアニメーションを再生する場合、本記事で説明する手順で設定することができます。

Cubism 3 SDK for Unity では「CubismMotionController」というコンポーネントを利用します。

Cubismのモデルに上記の設定をする場合には、以下の手順を行います。

  1. CubismMotionControllerをアタッチ

 

1. CubismMotionControllerをアタッチ

モデルのルートとなるGameObjectに、アニメーションを再生する「CubismMotionController」をアタッチします。

CubismMotionControllerには、設定項目が1つあります。

- Layer Count:レイヤー数、設定範囲は1以上。

 

アニメーション再生

アニメーションを再生するには、CubismMotionControllerを取得してPlayAnimation()を使います。

PlayAnimations(AnimationClip clip, int layerIndex = 0, bool isLoop = true, float speed = 1.0f)

  • AnimationClip clip:再生するアニメーションクリップ。
  • int layerIndex:アニメーション再生レイヤーのインデックス。
  • bool isLoop:アニメーションがループ再生をするか、デフォルトはループ再生。
  • float speed:アニメーションの再生速度、範囲は0以上、デフォルトは1(通常の再生速度)。

 

アニメーション停止

指定インデックスのアニメーションを停止する場合は`StopAnimation(int animationIndex, int layerIndex = 0)`を使います。

  • int animationIndex:停止するアニメーションのインデックス。
  • int layerIndex:停止するアニメーションのレイヤーインデックス。

すべてのアニメーション再生を停止する場合は`StopAllAnimation()`を使います。

Copyright © 2019 Live2D Inc.