Importer/Deleterのカスタマイズ方法

[最終更新日: 2020/01/30]

このページでは、Importer/Deleterをカスタマイズする手順を説明します。
以下は[SDKのインポート]を行なったプロジェクトに追加することを前提としています。

 

 

概要

Importer/Deleterは指定した拡張子のアセットがインポートまたは削除された時コールバックされる機能です。

独自のImporter/Deleterを作成しカスタマイズするには、以下の手順を行います。

  1. CubismImporterBase/CubismDeleterBaseを継承するImporter/Deleterスクリプト作成
  2. Importer/Deleter対象の拡張子を登録
  3. インポートまたは削除された時コールバックされるImport()/Delete()を作成

 

1. CubismImporterBase/CubismDeleterBaseを継承するImporter/Deleterスクリプト作成

ImporterCustomizationスクリプトを作成します。

※スクリプトはUnityエディター拡張となりますのでEditorフォルダ以下で作成する必要があります。

 

2. Importer/Deleter対象の拡張子を登録

Importer処理の対象となるアセットの拡張子を登録します。

Deleter処理対象となるアセットの拡張子を登録します。

 

 

3. インポートまたは削除された時コールバックされるImport()/Delete()を作成

Importer処理の対象アセットがインポートされた時コールバックされるImport()を作成します。

 

Deleter処理の対象アセットが削除された時コールバックされるDelete()を作成します。

© 2010 - 2020 Live2D Inc.