サンプルプロジェクトにモデルを追加する

最終更新: 2020年1月30日

このページではLive2D Cubism SDK for Webのサンプルに、Live2D Cubism モデルを追加するまでの手順を説明します。
サンプルは、あらかじめ 「サンプルのビルド」 を参考にビルドしておきます。

今回のチュートリアルでは、サンプルモデルの「ミアラ」をサンプルプロジェクトへ追加します。

プログラム側の変更

設定が完了したモデルのフォルダをリソースフォルダに追加します。
[ルート]/Sample/Resources フォルダへ追加してください。

lappdefine.tsにあるModelDirに’miara’の文字列を加えます。

    export const ModelDir: string[] = [
        "Haru",
        "Hiyori",
        "Mark",
        "Natori",
        "Rice",
        "miara" //< add
    ]
Tips

Windowsでは大文字と小文字は識別されません。
しかし、サーバやLinuxなどでは厳密に管理されますので、命名にはご注意ください。

この記事に関するご意見・
ご要望をお聞かせください。