サンプルプロジェクトにモデルを追加する

[最終更新日:2022/10/06]

Cubism SDK for Javaは現在alpha版となっています。beta版や正式版で仕様が変わる場合もございます。

このページではLive2D Cubism SDK for Java(alpha版)のサンプルに、Live2D Cubism モデルを追加するまでの手順を説明します。
サンプルは、あらかじめ「Androidサンプルの実行手順」を参考にビルドしておきます。
今回のチュートリアルでは、サンプルモデルの「ミアラ」をサンプルプロジェクトへ追加します。

モデルをダウンロードしてから加工しプログラムに組み込む直前までの流れについてはSDK for Nativeの「サンプルプロジェクトにモデルを追加する」のページをご覧ください。

 

プログラム側の変更

設定が完了したモデルのフォルダをリソースフォルダに追加します。
[root]/Sample/src/main/assets フォルダへ追加してください。

 

LAppDefine.javaにあるModelDir列挙型にMIARAを追加します。第1引数のインデックスが正しく連番になっていないと正しく動作しません。
また、第2引数にはモデルのフォルダ名を入力してください。

© 2010 - 2022 Live2D Inc.