アニメーターコンポーネントの設定

 

Euclid SDKでアニメーションを行う際は、アニメーションクリップとアニメーターコントローラー、アニメーターコンポーネントを使います。

 

アニメーションクリップ(.anim)がEuclid Editorで設定したシーンに対応しており、アニメーターコントローラーがそれらモーション間の遷移を管理します。

そして、アニメーターコンポーネントがUnity上のオブジェクト(キャラクターなど)にアニメーターコントローラーを関連付ける役割を持っています。

 

このため、アニメーターコンポーネントにアニメーターコントローラーを設定し、更にアニメーターコントローラーにアニメーションクリップを登録します。

このページでは、アニメーターコンポーネントにアニメーターコントローラーを紐付ける方法を説明します。

 

Unityの公式サイトもあわせてご確認ください。

Animatorコンポーネント

 

アニメーターコンポーネントの作成

通常FBXからインポートした3Dモデルや.moe(.bytes)から変換したPrefabはアニメーターコンポーネントが自動でセットアップされていますが、

それら以外のオブジェクトでアニメーションを制御する場合にはアニメーターコンポーネントが必要となります。

 

アニメーションクリップを設定したいオブジェクト(例えばルートジョイントを含む胴体のオブジェクト)の「Add Component」を押下します。

 

コンポーネントの一覧が出ますので、アニメーターコンポーネントを追加してください。

 

アニメーターコンポーネントへアニメーターコントローラーの紐付け

プロジェクトウィンドウ上の任意のフォルダを右クリックし、 「Create」から「Animator Controller」を選択します。

 

選択したフォルダ上にアニメーターコントローラーが作成されます。

 

作成したアニメーターコントローラーをアニメーターコンポーネント上の「Controller」にドラッグアンドドロップします。

 

アニメーターコンポーネントにアニメーターコントローラーが紐付けられました。

必要に応じて3DモデルとEuclidモデルの両方にアニメーターコントローラーを紐付ける必要があります。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.