作例:しずく

先に説明したカプセルとつながるように作ります。
工程の幾つかの説明を簡単にするので、『作例:カプセル』も合わせて参照してください。

ここでは下図のような動きの作り方を説明します。

1. アートメッシュと描画レイヤーを作成

テクスチャに円の中心や真ん中長方形の部分が分かるように、あらかじめガイドを描いておくとメッシュを作るときに便利です。
ガイドはレイヤーを表示/非表示を切り替えて、PSD再インポートで簡単に差し替えができます。

ガイドなし(原画の状態)   ガイドあり

メッシュエディタ画面でテクスチャを選択してメッシュを割り当てます。

アートメッシュが配置されました。

カプセルを表示させるとこうなります。

忘れずに描画レイヤーを作成しましょう。

2. 物理点から軸を設定

しずくとカプセルはつながっているので、カプセルの物理点から延長して作ります。
2つのアートメッシュをつなげるには、根本側の軸の先端と、先端側の軸の基準点が一致するように設定します。

物理点を延長して、しずくの先端に物理点を配置しました。

真横や真上から物理点を眺めて、イメージ通りの配置になるか確認します。
今回はたまたまZ=0で良さそうなので、物理点をZ方向に動かさずに進みます。

真横から見た状態  真上から見た状態

描画レイヤーとアートメッシュを選択して、ビューポート上で物理点を追加選択して、
ビューポートの右クリックメニュー > [軸] > [物理点から軸を設定] をクリックします。

描画レイヤーとアートメッシュに軸を設定できました。

3. キーを挿入して変形

左右対称な形なので、変形はパラメータYにだけ作っていきます。

まず、原画であるグローバルXYを0,0に合わせて、ローカルYのパラメータ値にキーを挿入します。
その後、-90と90に挿入するために [2点挿入] を実行します。

円定規を設定します。

ローカルY=90を作ります。
極の形は円になるので、三角部分を円定規に合わせて円形になるように変形します。
下の動画のように、変形パスを使うと形を作りやすいです。

ローカルY=-90を作ります。
先程作ったY=90の形状をコピー&ペーストして作ります。
形状を貼り付けたあとは、頂点が縦にまっすぐ動くように回転して調整します。

全方位動くようにできました。

4. 描画順ベイクとペア作成

描画レイヤーを選択して、描画順ベイクを実行します。

設定ダイアログではカプセルのときと同じく、以下のように設定します。
設定の詳細については、『作例:カプセル』を参照してください。

描画レイヤーに描画順が設定できたので、最後にペアを作ります。

描画レイヤーと子要素のアートメッシュを選択してコピー(Ctrl+C)し、グループパレットで右クリックしてメニューから[貼り付け(ペア)]をクリックします。

これで完成です。お疲れ様でした。

Copyright © 2018 Live2D Inc.