テクスチャからメッシュを自動生成

テクスチャの形状にあわせて自動的に三角形のメッシュを作成することができます。

各部の名称

[テクスチャからメッシュを自動生成]をクリックすると、選択されているテクスチャに最適な設定でメッシュを自動生成します。
既に作成済みのメッシュとパスは破棄されて、新たにメッシュを自動生成します。
オプションで輪郭パスを生成することもできます。
各設定項目の内容は以下のようになっています。

種類 説明
パスを生成 メッシュを自動生成する際に輪郭線となるパスも自動生成するかどうかを選択できます。
※ シンメトリモードの時は[パスを生成]オプションは利用できません。
輪郭部の頂点間隔 輪郭にのる頂点の間隔を調整します。
メッシュ全体の間隔 メッシュ全体の頂点の間隔を調整します。
輪郭部の位置調整 輪郭の位置を調整します。
輪郭の外側の位置調整 輪郭の外側に作られる頂点の位置を調整します。
輪郭の内側の位置調整 輪郭の内側に作られる頂点の位置を調整します。
透明とみなすアルファ値 原画の透明とみなすアルファ値 (0~255の透明度、0が透明) を指定します。
透明にちかいゴミなどを消したい場合に値を大きくします。通常は 0 で問題ありません。
メッシュ内の頂点間隔 メッシュ内の頂点の間隔を調整します。輪郭は含まれません。

メッシュをリアルタイムに生成する

設定項目の値を変更すると、即座にメッシュが計算されます。
以下に、メッシュをリアルタイムで生成する例を示します。

Copyright © 2018 Live2D Inc.