ペアでアートメッシュを作成

ペアのアートメッシュによって、同期して編集できるアートメッシュを作成できます。
ペアのアートメッシュでは一方のアートメッシュで頂点を挿入、編集すると、他方のアートメッシュを同時に編集することができます。

ペアのアートメッシュを作成する

はじめに、ペアで作成したい画像を含んだ画像ファイルを選んでメッシュエディタを開きます。
ミラーリング設定から「ペア」をクリックします。
ミラーリング設定はメッシュエディタ右上にあります。

すると、メッシュエディタのモードが変わり、ペアのアートメッシュを作成することができます。

モードを切り替えると、それまでの編集履歴は消されて元に戻ることはできなくなります。

例えばこの機能で左右の眉をつくるとき、画像ファイルには左眉のテクスチャと、右眉のテクスチャが含まれている必要があります。
また、左眉と右眉のテクスチャは画像ファイルの中心を基準にして、対称に配置されている必要があります。

ペアとして設定したいテクスチャを選ぶ

以下は、例えば次のような左の眉と右の眉が描かれたテクスチャがあるものとして説明します。

ペアにしたい2つのテクスチャテクスチャー一覧から探し、一方を左クリック、もう一方を右クリックで指定します。
左クリックで指定した方は「テクスチャー1」として設定され、テクスチャー一覧では赤の網掛けで表示されます。
同様に右クリックで指定した方は「テクスチャー2」として設定され、青の網掛けで表示されます。

両方のテクスチャが選ばれると、テクスチャー2が画像ファイルの中心で反転され、2つのテクスチャが半透明で表示された状態になります。
そのため、完全に左右対称なものを作ろうとしているなら、2つのテクスチャは完全に重なり、通常と同じように見えている状態になります。
次の図は、左右の眉がちょうど重なって表示されている状態です。

「テクスチャー1を表示」オプションと「テクスチャー2を表示」オプションで、それぞれのテクスチャの表示/非表示を切り替える事ができます。
どちらか一方のテクスチャのみ表示されているときは、半透明は解除されます。

頂点を挿入、編集する

続けて頂点を挿入と編集を行い、メッシュを作成します。
メッシュの作成方法については、『メッシュエディタ画面』を参照してください。

メッシュエディタのOKボタンをクリックすると、ペアとして2つのアートメッシュが作成され、メインエディタのキャンバスに配置されます。

二つのアートメッシュは互いを参照しあい、同期して動くようになります。
グループパレットで片方のアートメッシュを選択し、詳細パレットのペアIDを確認すると、もう片方のアートメッシュのIDが表示されることが確認できます。
同様にして、お互いにIDを参照していることが確認できます。

片方のアートメッシュの頂点を動かすと、その動きはもう片方のアートメッシュに反映されます。
ペアのアートメッシュを同時に選択して編集したときは、選択した順番によって優先される編集が変わります。

なお、メッシュエディタを使わない場合のペアのアートメッシュを作成する方法や、ペア設定の解除については、『作成済みのオブジェクトをペアにする』を参照してください。

Copyright © 2018 Live2D Inc.