矢印ツール

矢印ツールは、ビューポート上で各オブジェクトや頂点・制御点を選択したり、選択した頂点・制御点などを動かすことができるツールです。

操作説明

選択・選択解除

選択・選択解除の動作はオブジェクトの種類によって順序立てて処理されます。
各オブジェクトの選択の順序は下図のようになっています。

オブジェクト ハンドラ
アートメッシュ 頂点
アートメッシュ
(ベンドパスあり)
ベンドパス 制御点
アートパス 制御点
線幅ハンドラ(点・円)
物理点
マーカー
移動ギズモ(点・矢印)

TIPS : 選択・選択解除の例

例えば、あるアートメッシュの頂点を選択する場合は、まず、アートメッシュ自体を選択します。
選択したアートメッシュの頂点が表示されるので、その頂点を選択できます。

選択解除も同じように順序立てて処理されます。
ベンドパスの制御点を選択しているとき、ビューポートの空白をクリックして選択解除すると、制御点の選択が解除されベンドパスが選択された状態になります。
もう一度空白をクリックして選択解除すると、ベンドパスの選択が解除されアートメッシュが選択された状態になります。

選択する

矢印ツールで選択したい対象をクリックするか、ドラッグしてできる矩形の選択範囲に対象を入れると選択できます。

対象にカーソルが合うか、矩形の選択範囲に入った選択できる対象は、ホバー時のハイライト色で表示され事前にどれが選択できるかを確認することができます。

オブジェクトをクリックして選択
ビューポート上をドラッグして矩形選択

TIPS : キーとロック状態を確認しよう

アートメッシュを選択しても頂点が表示されない場合は、パラメータパレットでキーフォームの状態を指していることを確認してください(例えばパラメータX,Yをキーにあわせてください)。
また、クリックしたオブジェクトが選択状態の表示にならない場合は、グループパレットで対象のオブジェクトのロック状態を解除されていることを確認してください。

選択を解除する

ビューポート上の空白(選択できる対象がない箇所)をクリックすると選択が解除されます。
また、ドラッグで指定された範囲が空白だった場合も、選択が解除されます。

追加選択する

追加で選択するには、[Shift]キーを押しながらクリックまたはドラッグして範囲指定します。
(※範囲指定での追加選択は頂点・制御点などのハンドラのみ動作します。)

一部の選択を解除する

一部を選択解除するには、選択中のものを[Shift]キーを押しながらクリックします。
範囲で選択解除するには、[Shift]キー+[Ctrl]キーを押しながらドラッグして範囲指定します。

移動

矢印ツールで選択されたハンドラ(頂点、制御点、移動ギズモ)をドラッグすると、移動できます。

頂点と制御点は選択されているものを複数同時に移動できます。
移動ギズモは複数同時に移動はできません。

TIPS : 頂点ではなくアートメッシュ自体を動かすときは?

アートメッシュ自体を移動したい場合は、バウンディングボックスを利用します。
[オブジェクト]メニュー > [拡大縮小・回転] か、ビューポートを右クリックし[拡大縮小・回転](ショートカット初期設定[T]キー)をクリックしてください。
詳細については、『オブジェクトメニュー』の「拡大縮小・回転」を参照してください。

Copyright © 2019 Live2D Inc.