サンプルモデルを表示する

このページでは、Euclidサンプルモデルを入手し、Euclid Editor で正常に表示させるまでの手順を紹介します。

Euclidプロジェクトファイル(.euc)には外部のファイルを参照しているリンクがあります。
リンク切れを解消するための操作についても説明します。

説明にはサンプルモデル「ゆうくん」を使います。

1. サンプルモデル「ゆうくん」を入手する

1.

まずは、本サイトのダウンロードページで、サンプルモデル「ゆうくん」をダウンロードして下さい。
ZIP形式のファイルを入手できます。

2.

入手したZIPファイルを解凍します。

ファイルの解凍先を「C:yu-kun」にしておくと以降にある「3. ファイルの差し替えでリンク切れ状態を直す」のステップを飛ばすことができます。
必要ないなら解凍先は任意のフォルダでもかまいません。

3.

解凍ができたら入っているデータを確認します。

「CH_yu-kun.euc」が今回使用する Euclid プロジェクトファイルです。

「fbx」フォルダには3Dデータが入っています。
「moe」フォルダには Euclid プロジェクトファイルから書き出した、組み込み用モデルデータが入っています。
「mtn」フォルダには Euclid プロジェクトファイルから書き出した、組み込み用モーションデータが入っています。

2. EUCファイルを開く

1.

[ファイル] メニュー > [ファイルを開く] をクリックします。

2.

次にEUCファイル「CH_yu-kun.euc」を選択し、[開く] ボタンをクリックします。

ファイルを開くとエディタにモデルが表示されます。

3. ファイルの差し替えでリンク切れ状態を直す

1.

頭部だけ表示されている場合は、3Dファイルの参照がリンク切れ状態になっている可能性があります。

リンクの状態は [リソースパレット] で確認することができるので、パレットを見つけます。
パレット初期配置では左側にあるパレットです。

[リソースパレット]を見ると、FBXファイルの右側のアイコンに赤いバツ印が付いているのを確認できます。
これがリンク切れ状態を表すアイコンです。

2.

リンク切れ状態を直すには、[ファイルの差し替え]でFBXファイルを指定します。
最初に「CH_yu-kun_base.fbx」から直します。

「CH_yu-kun_base.fbx」を右クリックし、[ファイルの差換え] をクリックします。

3.

次に「CH_yu-kun_base.fbx」を選択し、[開く]ボタンをクリックします。

すると体が表示されます。「CH_yu-kun_base.fbx」のアイコンのバツ印がなくなりました。

また、ファイル名が緑色になっているのを確認できます。
これはベースモデルとして使用していることを表しています。
ベースモデルとは、Euclidモデルと接続して体として使う3Dモデルのことです。

4.

残りの「CH_yu-kun_motion_01.fbx」「CH_yu-kun_motion_02.fbx」
「CH_yu-kun_motion_03.fbx」
も同じように
右クリック > [ファイルを差し替え] でリンク切れ状態を直してください。

4. ファイルを上書き保存する

1.

再びEUCファイルを開いたときにリンク切れにならないように、リンク切れを直した状態で一度保存しておきます。

[ファイル] メニュー > [保存] をクリックします。

Copyright © 2019 Live2D Inc.