Cubism Web Samples 変更履歴

[最終更新日 2021/06/10]

Live2D Cubism SDK for Web リリースページ(GitHub)

変更履歴について

変更履歴はCubism SDK for Web の配布パッケージに同封されている CHANGELOG.md
もしくは Live2D GitHub の CubismWebSamples の CHANGELOG.md でもご確認いただけます。

Cubism 4 SDK for Web R3 (2021/06/10)

修正点

  • モデルのパスを修正し、正確なパスが必要な場合に404が発生していた不具合を修正しました。

 

Cubism 4 SDK for Web R3 beta1 (2021/05/13)

追加点

  • オーディオファイル(.wav)上の波形からリップシンクを操作するサンプルを追加しました。
  • Haruにサンプルボイスを追加しました。

 

Cubism 4 SDK for Web R2 (2021/03/09)

追加点

  • 画面サイズとタッチ検出領域を動的にリサイズする機能を追加しました。

修正点

  • ウィンドウに表示されるモデルのサイズ計算を調整し、ビューマトリックスを使用するように修正しました。
  • インポートを簡素化するために、不要なnamespaceを回避しました。 #34

 

Cubism 4 SDK for Web R1 (2020/01/30)

追加点

  • 開発ワークフローに Webpack Dev Server を導入しました。
  • サンプルプロジェクトに README.md を追加しました。
  • コードチェックのため、フォーマットに「Prettier」と「ESLint」を追加しました。

変更点

  • Framework ディレクトリをサブモジュール化しました。
    • 詳しい変更点は CubismWebFramework の CHANGELOG.md をご確認ください。
  • 「Sample」ディレクトリの名称を「Samples」に変更しました。
  • 「Resources」ディレクトリを「Samples」ディレクトリの直下に移動しました。

 

Cubism 4 SDK for Web beta2 (2019/11/14)

修正点

  • 「cubismrenderer_webgl.ts」のキャメルケースを修正しました。

 

Cubism 4 SDK for Web beta1 (2019/09/04)

追加点

  • Moc ファイルのバージョンを表示する関数を追加しました。
  • マスクの反転」機能に対応しました。
  • ファイル管理用のファイルとして「.editorconfig」と「.gitattributes」を追加しました。
  • 変更点を記載するファイルとして「CHANGELOG.md」を追加しました。
  • 簡易ローカルサーバの立ち上げ方法を変更しました。
  • サンプルモデル「Rice」を追加しました。(/Sample/TypeScript/Demo/Resources/Rice)

変更点

  • Cubism Core ライブラリのバージョンを 04.00.0000 (67108864) にアップデートしました。
  • 「.editorconfig」の内容に従い、全ファイルのフォーマットが統一されるよう調整しました。
  • ファイル名「cubismrenderer_WebGL.ts」を「cubismrenderer_webgl.ts」に変更しました。
  • パッケージ情報を記載する「CubismSdkPackage.json」をYAMLフォーマット 「cubism-info.yml」に移行しました。
  • 依存パッケージを管理する「package.lock.json」を追加しました。
  • 「README.md」を調整し、リポジトリ「Cubism Bindings」の停止につき案内を削除しました。
  • 「.gitignore」を調整しました。

修正点

  • WebKit にてモデル画像がリロードする問題を修正しました。
 

© 2010 - 2021 Live2D Inc.