Cubism Web Framework 変更履歴

[最終更新日 2021/06/10]

Live2D Cubism Web Framework リリースページ (GitHub)

変更履歴について

変更履歴は Cubism SDK for Web 配布パッケージの Framework ディレクトリ直下にある CHANGELOG.md もしくは Live2D GitHub の CubismWebFramework リポジトリ直下にある CHANGELOG.md からご確認いただけます。(英語のみ)

お知らせ

Cubism SDK のバージョンによっては使用上の注意点などが記載されたドキュメントを同封しています。
詳細は Cubism SDK for Web 配布パッケージの Framework ディレクトリ直下にある NOTICE.md もしくは Live2D GitHub の CubismWebFramework リポジトリ直下にある NOTICE.md からご確認いただけます。(日本語のみ)

Cubism 4 SDK for Web R3 (2021/06/10)

修正点

  • モーション内のイベントの時間を整数型から浮動小数点型に修正しました。

 

Cubism 4 SDK for Web R3 beta1 (2021/05/13)

追加点

  • ベジェハンドルの時間軸が直線にならない場合に、正しい値を取得する関数を実装しました。

 

Cubism 4 SDK for Web R2 (2021/03/09)

変更点

  • 秒を扱う関数名をTimeからSecondsにリネームしました。
  • インポートを簡素化するために、不要なnamespaceを回避しました。 #3

修正点

  • csmmap 、及び csmvector の iterator#increment の実装を修正しました。
  • 表情のフェードアウト開始が遅延する不具合を修正しました。
  • evaluate での物理入力反射フラグを修正しました。
  • モデル行列の参照サイズを修正しました。
  • Physics3.json のパースで PhysicsSettings.Vertices.Radius を取得する際の Int を Float に修正しました。
    • この修正により、物理演算の動作が変更される可能性があります。
      physics3.jsonのPhysicsSettings.Vertices.Radiusの値が1.0未満の場合に挙動が変わります。
      Cubism SDK for Web R1以前の動作に戻したい場合は、対応するPhysicsSettings.Vertices.Radiusの値を0に変更してください。
    • この修正は、Cubism Editor 4.0.05 beta1以降に適用された修正に関連しています。詳細はCubism Editorの 更新履歴 を参照してください。

 

Cubism 4 SDK for Web R1 (2020/01/30)

追加点

  • .editorconfig と .gitattributes と .gitignore を追加しました。
  • ドキュメントとして README.md と CHANGELOG.md を追加しました。
  • ビルド用に package.json を追加しました。
  • コードフォーマットと品質チェック用に Prettier と ESLint を追加しました。

変更点

  • ソースファイルを /src に移動しました。
  • Prettier と ESLint を用いてソースコードのリフォーマットを行いました。

© 2010 - 2021 Live2D Inc.