AE プラグイン フォームについて

(2019/04/23 更新)

Adobe After Effects 上でフォームを使用した便利な編集方法を解説します。

 

フォームの表示

AfterEffects上のエフェクトコントロールパネル上では仕様上パラメータの上限下限がすべて-10000~10000で表示されます。
[ Parts ]では各パーツ設定、[ Parameters ]では各パラメータを設定することができます。

 

通常Cubismで設定されたパラメータ値は-30~30程度の場合が多い為、エフェクトコントロール上で操作するのが困難な場合があります。

設定したパラメータの範囲で調整を行いたい場合は対象のレイヤーを選択した状態で、赤枠の「Open」をクリックし、[フォーム]を表示しましょう。
エフェクトコントロールパネルかタイムラインパネルから開くことができます。

 

フォーム上で入力された情報はパラメータの範囲でのみ調整できるようになります。

 

 

フォームについて

フォーム内の機能について説明します。

 

パラメータ

No 項目 詳細
フォーム最小化ボタン フォームを最小化します。
もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。
切り替えタブ パラメータとパーツをタブで切り替えます。
パラメータ展開ツリー パラメータがツリー表示され、展開することができます。
cdi3.jsonを読み込むことで、Animator上での名前を再現します。
キーフレーム追加ボタン AfterEffectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
パラメータ名 パラメータIDが表示されます。
数値入力ボックス 直接数値を入力し、パラメータ値を変更します。
スライダー スライダーをドラッグしてパラメータ値を変更します。
パラメータ値のリセットボタン 個別にパラメータの値をデフォルト値に戻します。
パラメータ値の一括リセットボタン 全てのパラメータの値をリセットし、デフォルト値に戻します。

 

パーツ

No 項目 詳細
フォーム最小化ボタン フォームを最小化します。
もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。
パーツの一括非表示ボタン パーツを全て一括で非表示にします。
切り替えタブ パラメータとパーツをタブで切り替えます。
パラメータ展開ツリー パーツがツリー表示され、展開することができます。
cdi3.jsonを読み込むことで、Animator上での名前を再現します。
キーフレーム追加ボタン AfterEffectsのタイムラインの再生ヘッド位置にキーを追加します。
パラメータ名 パーツIDが表示されます。
数値入力ボックス 直接数値を入力し、パーツの値を変更します。
スライダー スライダーをドラッグしてパラメータ値を変更します。
パーツのリセットボタン 個別にパーツの値をデフォルト値に戻します。
パーツの一括リセットボタン 全てのパーツの値をリセットし、デフォルト値に戻します。

 

 

 

Copyright © 2019 Live2D Inc.