ダウンロード

(2022/04/18 更新) 

利用規約を確認し、ダウンロードを行ってください。

 

利用規約

当アプリケーションは、エディタの利用規約が適用されます。
必ずダウンロード、起動前に エディタソフトウェア使用許諾契約書 をお読みください。
ダウンロードまたは起動いただいた時点で、利用規約に同意しているものとみなされます。

 

AEプラグインを使用するには、Cubism Editorをインストールしライセンス認証を行う必要があります。

Cubism Editorのインストールとライセンス認証の方法については、以下をご参照ください。
Cubism Editorを起動する

Cubism Editor のライセンスが有効になっていない場合

Cubism Editorのライセンスが有効になっていない場合は、エラーが表示されます。
その際は、Cubism Editorで認証を行いAfter Effectsの再起動を行ってください。

TIPS
ライセンス認証が無効になっている場合は、読み込んだモデルにバッテンとロゴの透かしが入ります。
(Cubismコントローラーなどの動作の確認は可能です)

 

 

ダウンロード

ダウンロードは以下のページからお願いします。

「AE プラグイン ダウンロード」

不具合やご要望についてはコミュニティまでぜひお寄せください。
Live2Dコミュニティ

 

After Effectsの対応バージョン

Cubism_4_AE_Plugin の最新バーションでは、下記の2バージョンに対応しています。

・After Effects 2022 (v22.3)
・After Effects 2021 (v18.4.1)

 

Live2D Cubism 4 AE Plugin beta 版についての注意

  • beta版での提供となりますので、正規バージョンとの互換性は保証できない可能性もございます。
    最大限配慮いたしますが、あらかじめご了承いただければと思います。
  • データについては、念のためバックアップを作成することをおすすめします。

 

更新情報

※一部翻訳に時間がかかる場合があります。

New !

[2022/04/18] Live2D Cubism 4 AE Plugin R5

《機能追加》

  • レイヤーのTransformをモデルビューに反映させるボタンを追加しました。
  • Transparent GridのOn/Offを切り替えるボタンを追加しました。
  • トラッキング解除ボタンを追加しました。
  • [Cubism Tracking Control]に[Model Layer]のプロパティを追加しました。
    トラッキング時に参照するモデルレイヤーを選べるようになります。
  • アタッチポイントをアートメッシュ内のみに配置できる機能を追加しました。([Alt]をクリックしながらアタッチポイントを移動)
    アートメッシュが現在のフレームに表示されていなかったり、他のアートメッシュの背面に隠れている場合でも配置が可能になります。
  • 3Dレイヤーにトラッキングができるようになりました。

《改善項目》

  • [Shift] +[Tab]キーで、アタッチポイントを逆順に選択できるようになりました。
  • UIの無駄な余白を調整しました。
  • アタッチポイントのデザインを改善しました。
  • アートメッシュの表示にアウトラインを追加しました。
  • アタッチポイントにフォーカスしたときの画面の拡大率を調整しました。
  • アタッチポイント以外の場所をクリックすると、アタッチポイントの選択を解除できるようになりました。
  • ステータスバーを削除しました。
  • モデルレイヤーの選択リストに表示するレイヤー名に、コンポジション名とレイヤーのindexを追加しました。
  • Cubism Tracking Controlを無効にしたときに、トラッキングも無効になるようにしました。
  • 複製したモデルレイヤーをCubism Trackerで選択すると、エクスポート先が空になるようにしました。
  • 別名エクスポートの出力先選択時にキャンセルを行うと、現在のトラッキングデータのパスにデータが出力されてしまう不具合を修正しました。
  • Apply時にCubism Tracking Controlが重複して追加される不具合を修正しました。
  • Media Encoderでトラッキングが反映されない不具合を修正しました。
    (R5 beta2以前で作成されたプロジェクトは再度Applyが必要)
  • トラッキングが1フレームずれていた不具合を修正しました。
  • モデルレイヤーの名前の変更が、モデルレイヤーの選択リストに反映されない不具合を修正しました。
  • トラッキングをApplyするレイヤーが左右反転していると、Rotationのトラッキングが180度反転してしまう不具合を修正しました。
  • アタッチポイントの名前に「"」やバックスラッシュを使用していると、トラッキングのApply時にエクスプレッションエラーが発生する不具合を修正しました。
  • 表示するモデルレイヤーが1つもなくなったとき、モデルビューの描画がクリアされない不具合を修正しました。
  • クリッピングマスクを使用しているモデルがモデルビューでぼやけて表示される不具合を修正しました。
  • クリッピングマスクを使用しているアートメッシュに、アタッチポイントを正常に配置できない不具合を修正しました。
  • アタッチポイント名のテキストボックス内のテキストが、マウスドラッグで選択できない不具合を修正しました。
  • モデルビュー上での加算描画の見た目が、コンポジションパネルと異なる不具合を修正しました。

 

[2021/12/16] Live2D Cubism 4 AE Plugin R5 beta2

《機能追加》

  • モデルビューで、カメラのズームの中心をマウスカーソルがある位置に変更しました。
  • Cubism Tracking Control:Rotationのスライダーを廃止し、チェックボックスでトラッキングのon/offを切り替えるように変更しました。
  • モデルビューで、背景とモデルが表示される領域の境界が分かるように変更しました。(背景は黒、表示される領域はチェッカー模様)
  • アタッチポイント間を[Tab]キーで移動できるように変更しました。
  • ドロップダウンリストか[Tab]キーでアタッチポイントを選択すると、選択したアタッチポイントにカメラのフォーカスがあたるように変更しました。
  • アタッチポイントの情報を表示する領域を、右サイドパネルからツールバーの下に移動しました。
  • インストーラをAfter Effects 2022に対応しました。
  • モデルビューの表示領域外にアタッチポイントを移動した際に、カメラの移動に追随するように変更しました。
  • アタッチポイント選択のドロップダウンリストの背景色を半透明に変更しました。
  • アタッチポイント選択のドロップダウンリストの項目をホバーした際に、対象のアタッチポイントにカメラのフォーカスが当たるように変更しました。
  • UIのアイコンサイズや余白などを調整しました。
  • 操作情報をステータスバーに表示するように変更しました。(beta1はスナックバー)

《改善項目》

  • After Effects 2021以降で、アタッチポイントの名前に日本語が使用できない問題を修正しました。
  • アタッチポイントの移動中にカメラのズームを行うと、アタッチポイントとマウスの位置がずれる問題を修正しました。
  • モデルがモデルビューに表示されてすぐ編集を行うと、1つ目の編集内容がundoできなくなる問題を修正しました。
  • コメント機能を削除しました。
  • モデルビューでアタッチポイントをマウス選択すると、選択が編集履歴に追加されてしまうことがある問題を修正しました。
  • トラッキングデータのエクスポート先のフォルダが存在しないとき、エクスポートに失敗する問題を修正しました。
  • 別のPCにプロジェクトファイルを持っていくと、トラッキングデータのエクスポート先の情報が消えてしまう問題を修正しました。
  • カメラが拡大されているときに、アタッチポイントのマウス選択用の当たり判定がずれる問題を修正しました。
  • アタッチポイントの名前を変更中に、別のアタッチポイントをモデルビュー上で選択すると、変更が反映されない問題を修正しました。
  • アタッチポイントの名前を空名に設定できないように修正しました。
  • Replace Live2D Modelを実行した際に、Cubism Trackerで行った編集情報が引き継がれない問題を修正しました。

 


[2021/09/28] Live2D Cubism 4 AE Plugin R5 beta1

《機能追加》

  • トラッキング機能を搭載しました。

 

[2021/06/10] Live2D Cubism 4 AE Plugin R4

《改善項目》

  • 物理演算機能にキーフレームの補間方法の設定機能を追加しました。
  • After Effects 2021に対応しました。

 

[2021/02/25] Live2D Cubism 4 AE Plugin R4 beta2

《改善項目》

  • 動作環境ごとの挙動の差異を低減し、より多くの環境で安定して使えるように修正しました。

 

[2021/02/15] Live2D Cubism 4 AE Plugin R4 beta1

《機能追加》

  • 物理演算機能を搭載しました。
  • Cubism コントローラーを閉じても結合したパラメータの状態が保存されるようになりました。
  • [Parts][Parameters]プロパティ名のデフォルト表示形式が「名前+ID」から「名前」のみに変更しました。

《改善項目》

  • Cubismモデル以外のレイヤーにLive2D Cubism Rendererを適用したとき、コンポジションパネルのプレビューが更新されなくなる問題を修正しました。
  • パラメータの定義域外にキーフォームが設定されているモデルをCubism コントローラーで表示したとき、スライダーの外側にキーフォームが表示される問題を修正しました。
  • [Parts][Parameters]名に大なり記号、小なり記号などが使用されているモデルファイルをプロジェクトパネルに追加すると、AEがクラッシュする問題を修正しました。
  • [Parts][Parameters]数が多いモデルをCubism コントローラーで使用したときのパフォーマンスを改善しました。

《既知の問題》

  • プロジェクトパネルに読み込んだ[model3.json]ファイルが[model3.json.cae]に変化しなくなることがあります。
    その際は、一旦AfterEffectsを再起動することで問題が解消されます。

 

[2020/11/26] Live2D Cubism 4 AE Plugin R3

  • AMD社製のRadeonシリーズのグラフィクボードを使っている環境で、描画が正常に行われない問題を修正しました。

 

[2020/10/29] Live2D Cubism 4 AE Plugin R3 beta2

  • マスクバッファのサイズを最適化し、クリッピングマスクの品質を向上させました。
  • 整数フレーム以外にキーが打たれているモーションを正常に読み込めない問題を修正しました。
  • Parameters Sourceの選択を他のレイヤーから「なし」に切り替えたときに、Parametersの表示がグレーアウトされたままになっている問題を修正しました。
  • レイヤーを複製すると、パーツ/パラメータの名称がunspecified_part/paramになっていることがある問題を修正しました。
  • モーションインポート時、インポートする範囲に存在するキーフレームを削除する際に、削除する範囲に誤りがあった問題を修正しました。
  • 環境構築用スクリプトを削除しました。

 

[2020/09/03] Live2D Cubism 4 AE Plugin R3 beta1

  • AutoFit機能を実装しました。
    • レイヤーのバッファサイズを、モデルが収まる最適なサイズに変更してからモデルを描画します。

 

[2020/07/30] Live2D Cubism 4 AE Plugin R2

  • betaが外れリリース版として公開しました。
  • インストールするAEのバージョンを選べるようになりました。
  • Cubism ControllerのメニューにAboutを追加しました。
    (Cubism Controllerのタブを右クリックすると開きます)

 

[2020/07/15] Live2D Cubism 4 AE Plugin R2 beta2

  • ネットワーク上にあるモデルファイルを開くとエラーになる問題を修正しました。

 

[2020/06/22] Live2D Cubism 4 AE Plugin R2 beta1

  • Cubismコントローラーの再構築を行いました。(以下搭載機能)
    • After Effectsのパネルへのドッキング
    • パラメータのキー表示
    • 右クリックでパラメータのキーへ吸着
    • パラメータの結合
    • プロパティの全展開(閉じる)
    • マウスドラッグによるキーフレームの生成
    • 現在のフレームにキーを生成する
    • 次のキーへの移動
  • 環境構築用スクリプト適用時、範囲拡張エフェクトのデフォルトピクセル値を0に変更しました。
  • モデル上で何もない領域へ加算を行うと描画がされなくなる問題を修正しました。
  • Adobe Media Encoderでの書き出しができない場合がある問題を修正しました。
  • 「Alt + ドラッグ」でレイヤー差し替えを行った場合、パラメータやパーツの数が変化する問題を修正しました。

 

[2019/12/12] Live2D Cubism 4 AE Plugin R1

  • betaが外れリリース版として公開しました。
  • CC2020に対応しました。
  • Cubsimコントローラーの高速化に対応しました。
  • モーション書き出しの高速化に対応しました。
  • AE上でパラメータ・パーツ名の表示に対応しました。
  • ファイル収集機能に対応しました。
  • パラメータの参照レイヤーの指定機能が搭載しました。
  • model3.jsonのドラッグ&ドロップでの読み込みに対応しました。

 

[2019/09/04] Live2D Cubism 4 AE Plugin beta1

  • Cubism 4 に対応しました。
  • コントロールパネルやタイムライン上でパラメータの範囲を再現できるようになりました。

[2019/04/23] Live2D Cubism 3 AE Plugin beta5

  • motion3.jsonの読み込み書き出し機能を搭載しました。
  • フォーム上でキーフレームを追加する機能を搭載しました。
  • 環境構築用のスクリプトを組み込みました。
  • モデルの差し替え機能を搭載しました。
  • ライセンス認証に対応しました。
  • パラメータ、パーツ名の表示に対応しました。
  • パラメータ、パーツの階層化に対応しました。
  • パーツの一括非表示機能を搭載しました。
  • フォームの最小化機能を搭載しました。
  • トラック全体の不透明度が反映されるようになりました。

 

 

 

© 2010 - 2022 Live2D Inc.