マーカーの使い方

Euclid Editorでは、メインエディタ画面上でマーカーの設定を行うことができます。
「マーカー編集ツール」は、「マーカー」を顔のパーツに打ち、パラメータを動かすと、3Dのようにマーカーが動くツールです。
何を目安に動きを作ったらいいのかを「マーカー」の印によって確認することができます

ここでは、マーカーの使い方を説明していきます。
説明にはサンプルモデル「ゆうくん」を使います。

マーカー編集ツール

ツールパレットの一番右が「マーカー編集ツール」です。
クリックするとツール詳細パレットに「マーカー編集ツール」が表示されます。

①はマーカーの色を選ぶことができます。パーツによって使い分けたりするとよいでしょう。
②はサイズを変更することができます。

マーカー編集ツールの種類

マーカーを打てる状態です
マーカーを追加できる状態です。
マーカーを削除できます。

マーカーを打った後、Ctrl+クリックでマーカー単体でうつこともできます。

設定を後から変更したい場合は、
マーカーを選択して右クリックで[マーカー設定]から色や大きさを変えることができます。

マーカーのロックと、非表示設定も行えます。

マーカーをつけてみよう

1.

ゆうくんの顔にマーカーを設定してみます。

「マーカー編集ツール」を選択したら、正面の顔に「マーカー」を打ち込んでいきます。
マーカーは動きの目安になるツールなので、
物理点と違って、アートメッシュに関連付けることはありません。

正面の顔と目に「マーカー」を追加しました。

横顔にパラメータを動かすと、「マーカー」が一直線に並んでしまっています。
横顔に「マーカー」を合わせる必要があります。

2.

横顔にマーカーを合わせるには、
マーカーをクリックすると矢印が出ます。
その矢印を掴むと黄色の表示に代わるので、その状態で平行、垂直にマーカーを動かすことができます。

マーカーをそのまま掴むと自由に動かせます。

横顔に「マーカー」を合わせました。
このように横顔に合わせてマーカーを移動させる必要があります。

3.

他のパーツにもマーカーを合わせていきます。

横顔にもマーカーを合わせます。
後ろ頭などは、正面からだと予測しづらいので、横顔からもマーカーを打つこともできます。

4.

横顔のマーカーを設定したらパラメータを動かして見ます。
マーカーが3Dのように動いていきます。

マーカーに沿って表情のアートメッシュを動かしてみました
斜めの顔ができます。

このように、マーカーを設定することにより、斜めの顔のパーツの位置などが判断しやすくなりました。

Copyright © 2018 Live2D Inc.