タイムラインパレット

タイムラインパレットは、選択されているシーンのキーフレームを設定できるパレットです。

Live2D Modelトラックにキーフレームを設定してアニメーションを作成できます。

各部の説明

タイムラインパレットには以下の2つのエリアがあります。

番号 項目 説明
トラックおよびプロパティ トラックとそれに含まれるプロパティを確認できるエリアです。
モデルに含まれるパラメータや物理点などアニメーションの対象となる要素が表示されます。
タイムライン タイムラインが表示されるエリアです。
フレームにキー(値)を挿入してアニメーションを作成できます。

トラックおよびプロパティ

番号 項目 説明
トラック タイムラインで扱う要素の一番大きい単位です。
種類は「Live2D Modelトラック」「音声トラック」「3Dアニメーショントラック」の3つです。
プロパティグループ トラックが持つプロパティのグループです。
「Live2D Parameter」はパラメータ、「Live2D Physics」は物理点のプロパティをそれぞれ含みます。
プロパティ キーフレームアニメーションの対象となる要素です。
メインエディタ画面で作成したモデルに含まれるパラメータと物理点が表示されます。
お気に入り 有効にすると「お気に入りのみ表示」で表示されるようになります。
カーブエディタに表示 有効にすると「カーブエディタを表示」で表示されるようになります。
すべて折りたたむ 展開して表示しているトラックとプロパティグループがすべて折りたたまれます。
一括お気に入り設定 すべてのプロパティに一括で「お気に入り」の有効/無効を設定できます。
一括カーブエディタ表示設定 すべてのプロパティに一括で「カーブエディタに表示」の有効/無効を設定できます。
お気に入りのみ表示 「お気に入り」が有効になっているプロパティのみを表示します。
カーブエディタを表示 タイムラインをカーブエディタ表示に切り替えます。
このときに表示されるカーブは「カーブエディタに表示」で有効になっているプロパティです。
パラメータをロック 有効にするとタイムラインパレットでの編集をロックできます。
現在のパラメータ値 現在のフレームでのパラメータ値が表示されます。
数値を変更するとキーが挿入できます。
物理点はX,Y,Zの回転角の値を指定でき、リンクの根本をY→X→Zの順に回転させた位置になります。
3Dアニメーションを選択 モデルにインポートしているFBXの3Dアニメーションを選択できます。
ここで選択した3Dアニメーションがベースモデルに反映されます。

タイムライン

番号 項目 説明
現在のフレーム 赤いラインで表示されたフレームがビューポートに反映されます。
タイムラインをクリックやドラッグして変更できます。
上部の吹き出しをCtrl+クリックするとフレーム表示と秒数表示を切り替えることができます。
デュレーション シーンの長さ(尺)を表します。
タイムラインの明るくなっている部分が該当します。
MTNへのエクスポートはこの範囲のキーフレームが対象となります。
ワークエリア 青いバーで表されます。
シーンエディタ画面やシミュレータ画面では、この範囲でアニメーションが再生されます。
左右にあるグレーのハンドルをドラッグで範囲を変更できます。
トラック 緑のバーで表されます。
アニメーション再生時にキーフレームが有効になる範囲です。
左右両端をドラッグで範囲を変更できます。
デュレーションのハンドル ドラッグでデュレーションの範囲を変更できます。
すべてのトラックのハンドル ドラッグですべてのトラックの開始位置を変更できます。
トラックのハンドル トラックの開始位置を変更できます。
キーフレーム キー(パラメータ値の指定)が挿入されたフレームです。
選択範囲 タイムラインをドラッグで指定した選択範囲です。
キーフレームを選択範囲で囲むことで各種編集ができます。
補間範囲 物理点のキーフレーム間のみ表示されます。
この緑の帯で繋がっているフレーム間では値の補間が行われます。
表示倍率 タイムラインの表示倍率をボタンとスライダーで変更できます。
また、Alt+ホイール操作でも表示倍率を変更できます。

キー操作

キーの挿入

フレームをCtrl+クリック

タイムラインのフレームを Ctrl+クリック するとその箇所に現在のパラメータの値でキーが挿入されます。

トラックやプロパティグループのフレームをCtrl+クリックした場合、下層のすべてのプロパティにキーが挿入されます。

プロパティのスピンボックスを操作

スピンボックスで数値を変更することでもキーを挿入することもできます。

パラメータパレットを操作

パラメータパレットのスライダーを操作することで、現在のフレームにキーを挿入することができます。
パラメータの値を変更したい場合は、現在のフレームをキーフレームに合わせてスライダーを操作します。

詳細については、『パラメータパレット』を参照してください。

物理点のギズモを操作

ビューポート上の物理点を選択してギズモを動かすと、現在のフレームにキーを挿入することができます。

物理点のアニメーションのパラメータ値は、物理点の根本の回転角を表します。
そのため、ギズモは選択した物理点の親の位置に表示されます。

X軸回転は赤、Y軸回転は緑、Z軸回転は青で調整できます。

赤丸の物理点を選択したときのギズモの表示

キーの削除

キーを削除するには、挿入と同様にタイムラインの上部または削除したいキーをCtrl+クリックしてください。
タイムライン上部をクリックした場合、クリックしたフレーム全てのキーが削除されます。

キーの選択・移動

キーの選択

タイムライン上をクリックまたはドラッグすることでその領域にあるキーを選択することができます。

キーの移動

選択されている領域にキーが存在する場合、キーがある場所をドラッグすることで、選択した領域に含まれている全てのキーを移動させることができます。
移動先に既にキーが存在している場合はそのキーを上書きします。

コンテキストメニュー

タイムラインパレットを右クリックするとコンテキストメニューが表示されます。

コピー

選択されているキーフレームをコピーします。

切り取り

選択されているキーフレームを切り取ります。

貼り付け

[コピー]または[切り取り]されたキーフレームをタイムライン上に貼り付けます。

削除

選択されているキーフレームをすべて削除します。

オートスムーズ

選択範囲内にある物理点のキーフレームの補間方法を「オートスムーズ」に変更します。

終端

選択範囲内にある物理点のキーフレームの補間方法を「終端」に変更します。
終端のキーフレームから次のキーフレームまでパラメータ値の補間が行われなくなります。

揺れの手付けの途切れた区間を複数設けたいときに設定します。

キーを挿入

「右クリックした箇所」にキーフレームを挿入します。
キーフレームが無い箇所をCtrl+クリックするのと同様の操作です。

キーを削除

「右クリックした箇所」にあるキーフレームを削除します。
キーフレームをCtrl+クリックするのと同様の操作です。

カーブエディタ(β)

※こちらはβ機能のため、今後大幅に変更する可能性がございます。
パラメータを、視覚的に調整することができます。
カーブエディタ上に表示したいパラメータを選択し、右上のカーブエディタアイコンをクリックします。

パラメータの変化が、カーブで表現されます。
縦方向はパラメータの値、横方向はキーの位置を表しています。

さらに、他のパラメータのチェックを入れると、カーブエディタ上に追加表示されます。

全てのパラメータにチェックを入れたり、外したりすることもできます。

Copyright © 2018 Live2D Inc.