ワープ

選択要素に対してワープ変形を行うことができます。

操作説明

変形の開始と完了

変形を開始するには、オブジェクトまたは頂点、制御点を複数選択します。
変形する対象を選択したあとは、次の操作で変形を開始・完了することができます。

項目 操作
変形を開始する [変形]メニュー > [ワープ]
ビューポートを右クリック > メニュー > [ワープ]
変形を完了する [変形]メニュー > [変形を完了]
[Enter]キー

変形の操作

変形を開始するとワープ変形状態になり、ビューポート上で選択要素を囲うようにワープハンドラが作成されます。
また、シンメトリオブジェクトまたは、その頂点が選択された状態では、キャンバスの中心を中心線として選択された要素を囲うようにワープハンドラが作成されます。

ワープハンドラは現在のパラメータ値がワープハンドラが作成された時のパラメータキー上にある時のみ表示され、編集することができます。

ワープハンドラ

番号 項目 説明
制御点 制御点を矢印ツールなどで動かすことにより
選択要素を変形させることができます。
エッジ エッジを矢印ツールでクリックすることにより制御点を選択することができます。

ワープ変形状態では、ワープハンドラの変形に応じて選択要素の形状も変形します。

矢印ツールなげなわ選択ツールブラシ選択ツールソフト選択ツールにおける
オブジェクトに対する編集操作と同等の操作をワープハンドラの制御点に対して行うことができます。

また、矢印ツールでは、エッジに対して次のような操作をすることで制御点の選択を行うことができます。

項目 操作
エッジの両端の頂点を選択 エッジをクリック
エッジに沿って頂点をループ選択 エッジをダブルクリック
2頂点に沿って頂点をループ選択 頂点を選択後、隣の頂点をShift+ダブルクリック
ループ上にあれば、間の頂点を選択 頂点を選択後、隣じゃない頂点をShift+ダブルクリック

ワープハンドラの設定

ワープハンドラの分割数の変更と選択要素とワープハンドラ間の余白を
ツール詳細パレットで設定することができます。

ワープ変形状態では、[変形を維持して分割数を変更]にチェックが入っていない場合、
設定値を変更するとワープハンドラが四角形の形にリセットされます。

ワープ変形状態で[変形を維持して分割数を変更]にチェックが入ってる場合、
ワープハンドラの変形した形状を維持した形で分割数を変更することができます。
この時、余白を変更することができなくなります。
また、分割数が奇数の場合、分割数を減らすことができなくなります。

変形を維持して分割数を変更する操作は
[変形]メニュー > [変形を維持して分割数を変更] 以下からも行うことができます。
メニューからの操作時は[変形を維持して分割数を変更]のチェックは無視されます。

特殊な変形

ワープ編集状態時にワープハンドラの形状を元にした、回転や反転操作をツール詳細パレットから行うことができます。

項目 説明
中心に指定されている箇所を中心に回転角分
選択されているワープハンドラの制御点を左回転
(制御点が選択されていない場合ワープハンドラ全体を左回転)
中心に指定されている箇所を中心に回転角分
選択されているワープハンドラの制御点を右回転
(制御点が選択されていない場合ワープハンドラ全体を右回転)
中心に指定されている箇所を中心にワープハンドラを左右反転
中心に指定されている箇所を中心にワープハンドラを上下反転

プリセットの適用

ワープハンドラの分割数と余白の設定情報をツール詳細パレットで登録したり、登録した設定情報を現在のワープハンドラ設定に適用することができます。

項目 説明
ボタンに登録されている値を現在のワープ設定値に設定します。
現在のワープ設定値をボタンに登録します。

登録した設定情報を現在のワープハンドラ設定に適用することは、
[変形]メニュー > [ワープハンドラのプリセット]
以下からも行うことができます。

Copyright © 2018 Live2D Inc.