アートパス

アートパスについて

アートパスは曲線形状を持つ描画オブジェクトで、制御点や線幅ハンドラによって形状や線幅を自由に編集できるため輪郭線や線表現をアニメーションさせるのに適しています。

アートパスはアートメッシュと同様に以下の機能を適用できます。

  • パラメータ補間
  • 物理点との対応付け(揺れ・奥行き・回転パラメータの再適用)
  • ミラーリング(ペア・シンメトリ)
  • 軸機能
  • 簡易クリッピング(アートメッシュのみクリッピングの領域とすることができ、アートパスをクリッピングの領域とすることはできません)

制御点の座標をアートメッシュにバインドさせることができ、アートパス自身にキーフォームを登録していなくてもアートメッシュの補間や物理演算による動きと連動させることができます。

アートパスはアートメッシュと同様テクスチャをメッシュ形状でマッピングすることで描画されますが、これらの割り当てはブラシ設定に応じて自動的に行われます。
ブラシの詳細については、『ブラシ』を参照してください。

アートパスの形状について

アートパスの形状は以下の要素によって決定されます。

制御点の座標

  • 制御点は曲線形状を生成するのに使われ、曲線の形状は制御点を必ず通るようにして生成されます。
  • アートメッシュにバインドされていない場合は制御点の座標をキーフォームとして補間することができます。
  • アートメッシュにバインドされている場合はアートメッシュに追従する挙動が優先され、キーフォームの制御点座標は無視されます。

TIPS

ビューポート上でのアートパスの作成・制御点の編集は『アートパス編集ツール』を使います。

メッシュエディタでのアートパスの作成については、『テクスチャからメッシュを自動生成』でメッシュと一緒にパスを生成することができます。
手動でパスを編集する場合は『パス編集ツール』を使います。

アートメッシュとのバインド状態はアートパスを選択して『詳細パレット』の「アートパス」項目で確認できます。

線幅ハンドラ

  • 線幅ハンドラは曲線をレールのようにして移動し、また各ハンドラが線幅の値を持っています。
  • 曲線のある点の線幅は隣接する2つの線幅ハンドラの線幅の値を線形で補間して求められます。
  • 曲線上の位置と各点の線幅の値をキーフォームのパラメータとして登録でき、アートメッシュにバインドされているかどうかに関わらず補間させることができます。
  • アートパスがループ形状を持っている場合、線幅ハンドラの点は×印で示される制御点の位置を跨がないように補間されます。

TIPS

作成したアートパスの線幅ハンドラを編集するには『線幅編集ツール』を使います。
線幅を変更するには『線幅修正』の機能が役立ちます。

制御点が角張っているかどうか

  • 制御点を角張らせるとその制御点の周辺で丸みを無くすことができます
  • 角張った制御点をキーフォームとして登録し、角張っていないキーフォームと補間させた場合、中間のパラメータ値で二値的に切り替わります。
  • アートメッシュにバインドされているかどうかに関わらず補間されます。

TIPS

制御点を角張らせる設定は、矢印ツールやアートパス編集ツールで制御点を[Alt]キー+左クリックすると切り替えることができます。

描画順

  • アートメッシュの描画順と同様に設定でき、パラメータで補間させることができます。
  • バインドしているアートメッシュに追従させることもでき、その場合はキーフォームで設定した描画順は無視されます。

TIPS

アートメッシュとバインドしているときの描画順の挙動は『詳細パレット』の「アートパス」項目から設定できます。

不透明度

  • アートメッシュの不透明度と同様に設定でき、パラメータで補間させることができます。

ループかどうか

  • 曲線の始点と終点をつないでループ形状を作ることができます。
  • 1つのキーフォームでループにする/ループを解除する操作を行った場合全てのキーフォームに適用され、すべて共通の状態になります

TIPS

アートパスの制御点の編集に関する操作については、『アートパス編集ツール』を参照してください。

Copyright © 2018 Live2D Inc.